皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
N県 医社)S歯科医院 歯科衛生士 D・Y様

今回セミナーを受講して、毎回行くたびに明日からもっと仕事頑張ろう!!と思わせてくれるセミナーでした。

こんなに毎回感動するセミナーは初めてでした。

正直宿題・テスト勉強は大変でしたが、ただセミナーを受講するだけよりとても自分のためになりました。

このセミナーで学んだ事を1つでも多く実践できるように頑張りたいです。ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

「毎回感動するセミナーは初めてでした」

こんな風におっしゃっていただけるのは講師冥利に尽きます。
でも、それだけのセミナーだと自負しています。

それは講師が凄いから?
違います。

それだけセミナー参加者が実践し、急激に成長するからです。
実際に、実践するからこそ、講座の内容も浸透するのです。

私はベンチプレスを100キロあげることができません。
しかし、私は筋トレをしているからこそ、ベンチプラスを100キロ挙げることの凄さと大変さを理解しています。

これと同じです。

講座を聞き、その内容を実践するからこそ、更に凄いことを実践している他の参加者の事例を見ると刺激を受け、講座の中でフィードバックを得て自分の考えの甘さや目指すべきところが明確になるのです。

そして、それを3回、繰り返すことで大いなる成長を実感できるようになるのです。
人間の体は大変なことを通してしか成長しないようになっています。

楽なことを繰り返していれば、そこに待っているのは退化と衰えだけです。


今、あなたの医院の入社3年目以降の中堅スタッフは「明日からもっと頑張ろう!」と思って、日々、仕事に取組んでいますか?

もし、そうでないとしたら、成長がストップしているはずです。
そして、外部のセミナーに参加する意欲と行動、勉強や練習に対する意欲と行動も減退しているはずです。

その先に待っているのは仕事のマンネリ化と指示待ち族です。
そんな風になってほしくないと思うのであれば、中堅スタッフに「医院の中心となるスタッフ」に成長して欲しいと思うのであれば、「歯科医院スーパースタッフ育成塾」への参加をオススメします。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

e2a84e1c.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、私や成功している院長先生がダイエットをしているのを見て、多くの先生がダイエットをするようになっています。

とても良いことだと思います。
しかし、なかなか続かないことが多いようです。

最近では、ライザップのようなトレーニングジムに通う人も増えてきました。
とても良いことだと思います。

しかし、大切なのは続けることです。
多くの先生はライザップに3ヶ月ぐらい通ったら、それで止めてしまいます。
それでは、一時的に効果が出ても、その後、戻ってしまうのは確実です。

ちなみに、私は2014年の1年間、週2回、ライザップのようなパーソナルトレーニングジムに通い続けました。そして、今年は週1回、パーソナルトレーニングジムでの筋トレを継続しています。

私は食事制限は一切していません。
なぜなら、筋トレして、しっかり運動していれば、自然と体が締まってくるのがわかってるからです。また、食事制限をすることで、続けることがきつくなってしまうのも理由のひとつです。

3ヶ月という短期間で得られた変化は元に戻るのも、また短期間なのです。
これは原理原則です。

続けることが大事なのです。
では、続けられる人と、続けられない人の大きな違いは何か?

それは結果に焦点を当てているのか、プロセスに焦点を当てているのか?
目的を持っているのか?
の違いなのです。

体重を落とすという結果に焦点を当てていると、目標体重をクリアした時点で終わりです。
そのプロセスは苦痛でしかありません。
そうなると、目標をクリアしたんだから、もうやりたくないと止めてしまうのです。

これでは、大学に合格するために必死に勉強したんだから、もう勉強したくないといって遊んでる大学生と変わりありません(私もそうでした)。大学生だったら、良いですが、歯科医院の院長としてはよろしくありません。


なぜなら、これは歯科医院経営であっても、全く同じだからです。
医業収入のある一定の目標をクリアすると、そこで目標を達成したら、もう頑張りたくないと途端に燃え尽きてしまう院長先生が実は、意外に多いのです。

それだと、ダイエットのリバウンドのように医院は元に戻って行ってしまうのです。


ダイエットでも、体重はあくまで結果にしか過ぎません。
歯科医院でも、医業収入はあくまで結果です。

結果を出すことは大事なことですが、結果を大事にするのではなく、プロセスが大事なのです。結果が出ればうれしいのは当たり前です。しかし、プロセスに喜びを見出せなければ、結果が出た一瞬だけがうれしくて、後は苦痛ということになり、必然的に続けるのが苦痛になってしまうのです。

例えば、筋トレを続けることで自分が向上してることに喜びを見出せるかどうかなのです。
歯科医院でいえば、様々な取り組みをすることで、医院が良くなってることに喜びを見出せるかどうかなのです。


筋トレも手段にしか過ぎません。
手段は目的ではないのです。

ということはきちんと別の目的が必要なのです。
その目的をきちんと明確にするということを人は忘れがちです。
続けられる人、成果を出し続けられる人は目的を明確化し、忘れない人なのです。

私が筋トレを続けられる理由。それはバスケです。
バスケが上手くなるために、バスケを続けるために筋トレは欠かせないのです。
筋トレは目的にはならないのです。


歯科医院でも、経営を良くすることは手段ではありません。
最終的に、どのような医院を作りたいのか?

それが大事なのです。
そして、その理想とする医院に近づいていくことがうれしくて、楽しければ、どんなに大変なことであっても、それは努力を続けられるのです。


あなたが理想とする歯科医院はどのような歯科医院ですか?
それは明確ですか?
そして、本当にそれを実現したいと強く思っていますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
K府 医)A歯科クリニック 主任 M・M様

今回スーパースタッフセミナーに参加させて頂き、恥ずかしながら院長先生をねぎらうという事が普段まったくできていなかった事に気づかされました。

院長先生は普段からスタッフをよく誉めて下さいますが、院長先生を誉めるスタッフはほぼいません。

治療がとても早くても昇給しても、普段から意識をしておかないと上の人を誉める・ねぎらうという発言は全く出てこない事に気付かされ、反省しました。

最初は小さな事からでも院長先生をねぎらうという行動を始めると院長先生がとても喜ばれ、逆に自分に誉め返しをしてくれるようにもなりました。

更には院長先生からお誉めの言葉を頂き、せかされてしまう時も出てくるようになりました。

日々ほめるところを探すということで、お互い尊重し合い院内コミュニケーションも院長先生と上の立場である自分からも良くしていく事で院長先生とのコミュニケーションは以前にも増して更に良くなったと思います。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

普段、院長先生はスタッフの方からどれぐらい、ほめたり、ねぎらわれたりしていますか?

ほとんどの院長先生は「そんなこと、考えたこともなかった。全くない」と思うのではないでしょうか。そうです。それが現実です。

しかし、それが当たり前であってはいけないと私は思います。
お互いがお互いに対して感謝し、ほめて、ねぎらう。

これが本来、あるべき姿だと思うのです。
その姿に近づけていこうとするのが「歯科医院スーパースタッフ育成塾」です。

このようなことを通して、思うのです。
「今まで、自分は自分のことばかり考えていて、全く院長のことを考えていなかった」と。

自分のことばかり考え、自分の権利ばかり主張していたことに。
しかし、それでは医院が良くならないのは当たり前です。

院長のことを考え、院長の気持ちを理解できなければ、院長とスタッフとの橋渡し役など、出来るはずがありません。

だからこそ、院長とスタッフとの対立が生まれるのです。

よく、マイナススタッフはこんなことを言います。

「●●さんは院長側だから」「●●さんはこっち側だから」

どっち側も何もないのです。
その対立思考が医院の中で対立を生むのです。

そんなことに気づける講座、宿題があるからこそ、一生かかってもほとんどの人が気づかないことに3回のセミナーを通して気づくことができるのです。

「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
滋賀県 医)相和会 ほりい矯正歯科クリニック 歯科衛生士 山本 麻紗子様

今回、来た時に一番に実践事例の冊子を手に取りました。
前回の宿題は自分なりに一生懸命行ったつもりでした。

でも、同じ宿題なのに他のスタッフはもっと頑張っているということに気付きました。
行動1つ、問題1つにしても「もっと良くするにはどうすれば良いか」と考える癖づける習慣をつけたいと思います。

後輩ができた今、良い影響を与えられるスーパースタッフになりたいと思います。
自分が新人だった時「練習してる?」と先輩からよく言われていた事を思い出しました。

新人だった頃は「なぜこんなに頑張るの?」とネガティブな事ばかり思っていたり、院長の嫌な所ばかり見ていました。

しかし、今回この様なセミナーに参加させて頂く機会により、あの頃の自分は、自分の事しか考えていなかった事に気づかされました。

指導する立場に立った今、あたり前のことをあたり前に出来たり、忙しい時でもいつも通りのレベルで安定した処置や補助が出来る優秀なスタッフになりたいです。

また、このセミナーの参加により、生き生き仕事をしながら生きている女性に目がいくようになりました。

同じ職業に限らず、目標を持って生きている人は本当に素晴らしく、また輝いてみえるので、私もそんな輝けるスタッフになれればと思います。本当にありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

「私もそんな輝けるスタッフになれればと思います」

この言葉を見て、どう思いますか?

普通の院長の反応「そりゃ、そうだよね」
デキル院長の反応「それは、凄い!」

あなたの医院の中堅スタッフに聞いてみてください。
「5年後、どうなっていたい?」と。

ほとんどのスタッフは「結婚してたい」「結婚しても、仕事は続けていたい」と答えます。
人間は自分がなりたいようにしかなりません。

「輝けるスタッフになりたい」と思えるスタッフは実は、とても少ないのです。

なぜなら、
「大変だから」
「そんなに仕事を頑張る意味がないから」
です。

人間というのは現状維持が大好きです。
現状維持が一番、ラクだからです。

そんな中で、「歯科医院スーパースタッフ育成塾」で徹底して伝えるのは「どうしたら、もっと良くなるのか?」です。

目先、問題がなかったら、ほとんどの中堅スタッフは「それでいいじゃん。別に、問題が起きてるわけじゃないし」です。

しかし、そうではないのです。今、目先、問題が起きてなかったとしても、もっと良くする方法はあるはずなのです。最低限のラインではなく、最高のラインを目指して欲しいのです。

それは治療でも、人生でも同じです。
例えば、消毒室が汚れている。でも、それで大きな問題が起きてるわけじゃない。
でも、それによって、モノを紛失したり、作業がしづらかったりすれば、実際には問題が起きているのです。

「目先、問題が起きてないからそれで良い」ではなく
「どうしたら、もっと良くなるか?」という視点を持ち、日々、行動していれば、医院の中には手が付けられていない問題の宝庫なのです。

あまりに問題が多すぎるし、それに手をつけたとしても、お給料に反映されるわけでもない。そうやって、誰もやらない問題が放置されているのです。

そんなことに「歯科医院スーパースタッフ育成塾」に参加すると、手をつけるようになるのです。なぜ?それは宿題になってますからねー。

そうやって、行動していくうちに山本さんのように気づくようになるのです。
このような「医院の中心」となるスタッフが何人も医院に誕生したとしたら、その価値はどれだけ莫大なものでしょうか。

「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
K県 A歯科 歯科衛生士 N・T様

今回は、1回2回の総復習ができて良かったです。

1回目の講座の内容を振り返ることで、忘れていた事を思い出せる、また忘れないようにまた行動ができると思いました。

些細なことも見逃さず、小さいうちに行動していきたいです。

“講演を聞いた後の感想”
今回のセミナーは私が社会人になって初めて大変だな、辛いなと感じたセミナーでした。

今までスタッフと言っていた悪口や不満をすべて無くすといったマイナススタッフだった私にとってはとても大変でした。

更に宿題もある、3回コースで毎回大阪に行くのは苦痛でしたが、やり終わったあと、すごく達成感がありました。

また、嫌だったと思ったことが自然とできるようになり、自分が気付かないうちにできていました。とても大変でしたが、その分楽しかったです。最後の宿題を頑張りたいです!!
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

ほとんどの中堅スタッフが午前中の診療が終わってスタッフルームに戻って言う一言目は何でしょうか?

「疲れた」
「しんどい」
「一杯一杯」
「ムカツク」
「腹が立つ」

こんな言葉ばかりです。
しかし、そんなことを言っていて、何かよくなるのでしょうか?誰か元気になるのでしょうか?

誰にとってもいいことはありません。
不平不満愚痴文句は誰からも、医院からもやる気と元気を奪っていくのです。

もちろん、医院に改善しなければいけないことはたくさんあります。医院に問題がないといってるわけではないのです。

皆で不平不満愚痴文句を言い合っていても、何も解決しないどころか、悪い方向にしか向かわないのです。であれば、そんなことを言う前に、自分たちに出来ることがあるよね。

ということを「歯科医院スーパースタッフ育成塾」では何度も伝えていきます。
そして、院長、医院を変えようとするのではなく、どちらが良いとか悪いとかではなく、自分たちに出来ることに集中しようと伝えるのです。

院長、医院を通うといくら頑張っても、変わることはありません。
だからこそ、無駄なことにエネルギーを使うので、ストレスがたまるのです。

そんなことではなく、実際に変えることができる、成果が出る方向にそのエネルギーを集中と浮かしてもらうことで、成果が出て、自信がつき、感謝され、自分自身も仕事に楽しさを見出していける循環がこのセミナーには組込まれているのです。

そして、振り返ると気づくのです。
大変だったけど、自分は成長していたと。

そして、成長は楽をしているだけでは得られない。
大変なことを乗り越えることでしか成長しないんだと。


だから、「大変だけど、楽しかった」となるのです。
楽なことが良いことではないし、大変なことが悪いことではないのです。
そんなことに中堅スタッフに気づいてもらえるセミナーがあるのであれば、参加してもらわない手はないですね。

「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
三重県 医)夢真会 せこ歯科クリニック 歯科助手 吉田 理乃様

スーパースタッフ育成塾3回!!
あっという間でした。

育成塾に参加して変化した事は、何事にも全力で行動しなければ成長はないし、なによりも全力でないと後で必ず「もっとやっとけば良かった」と後悔する事に気づく事が出来ました。

「自分なんて、自分には出来ない」と思うのではなく、「自分なら出来る!!」と思う気持ちに切り替え今後の診療・生活をしていこうと思える様になりました。

このセミナーに参加して本当に良かったと思っています。
このセミナーで学んだ事を自分だけの物にするのではなく、後輩スタッフにもシェアしていきます。

また今まで一人称だった自分を改善させて頂く機会を与えて頂きました。
自分さえ良ければ良いと思い周りを見ていませんでした。

まずは二人称、相手がどう思っているか、どう見えているか、自分より相手の事を考える事のできる女性・人間に変わっていきます。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

実は、「歯科医院スーパースタッフ育成塾」は大変です。
何しろ、宿題がたくさんありますから。

しかし、ほぼ全ての参加者がその宿題に全力で取組んでくれます。
そして、その宿題に取組むプロセスで気づくのです。

吉田さんが書かれてるように

何事にも全力で行動しなければ成長はないし、なによりも全力でないと後で必ず「もっとやっとけば良かった」と後悔する事に


しかし、入社3年目以降の中堅スタッフは仕事が一通り出来るようになることで、全力で頑張る必要がなくなります。そして、そこで成長がストップしてしまうのです。

そして、「大変なことが悪いこと」「楽なことが良いこと」となってしまうのです。
そうして、自分自身をどんどん楽にしようとし、後輩スタッフにも楽になることを奨励するようになるのです。

中堅スタッフがこのような循環にはまれば、医院はあっという間に崩壊の方向へと向かいます。受付スタッフは「楽なことが良いこと」という中堅スタッフの教えに忠実に従い、アポを切るようになり、急患は断るようになるのです。


医院としては辞められたら困るので、何もいえない。
そして、それが当たり前になるのに時間はかかりません。

あなたの医院の中堅スタッフが吉田さんのように

何事にも全力で行動しなければ成長はないし、なによりも全力でないと後で必ず「もっとやっとけば良かった」と後悔する事に気づく事が出来ました

と決断し、行動するようになったら、どれだけ大きな変化が医院に生まれるでしょうか。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

e911f86a.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

今年、NBAに新たなスターが誕生しました!
その選手の名は「ステファン・カリー」。2014−15シーズンMVPを獲得したんです!

身長は191センチとNBAの中では小柄。
恐らく、実際には185センチぐらいしかないのではないかと思います。

写真を見ると分かりますが、細身で、童顔の青年です。
それが、この選手。めちゃくちゃ凄いんです。

何が凄いかというと、とにかくシュートが入る。
これまでのNBAの歴代3ポイントシュート成功数の記録を更新したぐらい決まるのです。


これまでのNBAのシューターというと、外でボールが来るのを待っていて、パスをもらってシュートを決めるのがセオリーでした。しかし、このタイプの選手は厳しくディフェンスにつかれてしまうと、なかなか、フリーになることが出来ずにシュートを決められないことが多かったのです。

しかし、このカリーは自分でボールをもらってから、ドリブルで相手をかく乱し、ディフェンスとの一瞬のズレを作って、その隙に3ポイントシュートを決めることが出来るという超高等テクを持っているのです。

更に、パスセンスも抜群で、自分でドリブルで切れ込んで行って、見方にパスを裁くことも出来るのです。分かりやすくいうと、スラムダンクの宮城リョータとミッチーが合体したような選手なのです。


これまで、このような選手はいなかったと思います。
普通は外からのシュートが決まるのであれば、それで勝負します。
それだけでも、十分、NBAでも通用していました。

しかし、彼は違っていたのです。
シュートだけではNBAのトップに立てない。優勝できないことを知っていました。

そこで、ここ数年で、ドリブル、ハンドリングの猛特訓を続けてきました。
それによって、ドリブル、ハンドリングの技術が上達し、自分でドリブルしながらディフェンスを振り切る、見方にパスを裁くという技術を身につけて行ったのです。

そのトレーニングの様子がコチラ



実は、彼のお父さんはデル・カリーといって、元NBA選手で名3ポイントシューターでした。お父さんのデル・カリーと一緒に試合前にシュート練習する様子がコチラ



スーパースターはやはり、努力をしているのです。
特に、カリーのように身長が低く、身体能力もない、スピードが早いわけでもない選手は努力が大切です。

歯科医院の経営でも同じです。
やはり、圧倒的地域一番医院になるかどうか、普通の地域一番医院で終わるかは努力するかどうかで決まるのです。

「とりあえず、もう地域一番だから」
「とりあえず、患者さんはきてくれてるから」
と努力するのを止めてしまうのか。

そこから、更にトップを目指してトップが努力する姿勢を見せるのかで最終的な結果は替わってくるのです。


今、ステファン・カリーは世界中で大人気です。
これまでのNBAのスーパースターのほとんどは身長が大きい、抜群の身体能力を持っている選手でした。

しかし、カリーだけはその卓越したシュート能力、テクニックによってスーパースターになったのです。「自分にも出来るかもしれない」という希望を世界中のバスケをやってる少年・少女に与えてくれたのです。

これから、彼はスーパースタートしての階段を駆け上がっていくと思います。
是非、皆さんも注目してください。


最後に今シーズンのスーパープレイをご紹介します。



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
神奈川県 テラスモール歯科クリニック 助手 本田 あゆみ様

歯科の仕事をするようになって初めてのセミナーがこのスーパースタッフ育成塾でした。

このセミナーに参加するまでは、典型的な中堅スタッフにおちいっている状態でした。

じっくりと新人の子と向き合って一から教えていくことにより、相手よりも自分の成長を感じることができました。

今まで苦手だから、さけてきた新人教育がこんなに自分のためになるとはおどろきました。
スタッフ定着率が悪く居心地も決して良いとは言えなかった職場がうって変わった気がします。

気持ちの整理や変化のおかげでKR、スタッフに対しての笑顔も自然と出るようになり、感謝のキモチも伝えやすい環境になりました。ピリピリしてイライラをかくさずに行動してた少し前の自分が信じられません。

宿題を1つずつ仕上げるために計画したり、行動に移したり普段やらないことをやる、としてもしっかりこなせたと思います。

前までの自分だったら、あきらかにテキトーにやってテキトーに提出するパターンだったと思います。参加できて良かったです。本当にありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

多くの中堅スタッフが新人教育は苦手なのです。
なぜなら、そのように自分が教える立場に立ってきたことがないからです。

教えるよりも、自分のことだけやっていたほうがラクです。
教えたら、新人スタッフから嫌われるかもしれないのです。

短期的に考えたら、自分のことだけ考えたら、教えることなんかしないほうがラクに決まってるのです。

そして、このセミナーに参加するまでは皆、そのように考えているのです。
それが、なぜ、このセミナーに参加すると新人教育をするようになるのか?

そして、嫌々やるのではなく、「新人教育がこんなに自分のためになるとは驚きました」とまで言わせるように激変するのか?

それがこのセミナーの魅力の秘密なのです。
これを1医院で、院長だけでやるのは恐らく、不可能だと思います。
中には、出来る人もいますが、私はそんな院長をほとんど見たことがありません。

そして、注目してほしいのは次です。
自分のことだけでなく、新人教育までして、宿題までやってるのですから、これまでよりラクになったことは絶対にありません。大変になったはずです。

それなのに、「気持ちの整理や変化のおかげでKR、スタッフに対しての笑顔も自然と出るようになり、感謝のキモチも伝えやすい環境になりました」となるわけです。

どうしてだと思いますか?
それはこのセミナーに参加することで、中堅スタッフトしてのあるべき姿から、自分の気持ちを整理して思考と行動をコントロールする方法を学び、実践するからです。

それを日々、実践することで、今までだったら、イライラしていたところが、感謝の気持ちさえ伝えられるようになるのです。


そして、それがスタッフの定着率の向上につながるのです。
一人の中堅スタッフの成長、「医院の中心」となるスタッフへと成長することがそれだけ医院に対して大きなインパクトをもつのです。

しかし、中堅スタッフがそんなに成長している医院が少ないから、多くの院長は中堅スタッフを育成することの価値が分かっていないのです。自分では育成が難しいから。

このセミナーに参加するための費用なんか、全く問題にならないほど、中堅スタッフの成長は医院に対して大きなインパクトをもたらすのです。

そもそも、入社3年目以降の中堅スタッフに対して、どれだけの教育投資をしているでしょうか。しているとしても、テクニカルスキルだけです。それだけでは「医院の中心」を担えるほどのスタッフに育たないことは既に多くの医院で証明済みのはずです。

であれば、「医院の中心」を担えるようなスタッフに成長してもらうために、どのような教育投資をしますか?そして、その投資が成功したときのリターンはどれくらいだと思いますか?


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
京都府 あゆみ歯科クリニック DH 小松 茉優 様

今回のセミナーを通して、考え方が大きく変わりました。
今までは、自分のことだけであったり、短期的な視野で物事を考えていたと思います。

このセミナーを受講させていただいてから、教育の難しさや、楽しさを感じることができました。

これからもこの思いを大切に仕事に取り組み、人を育てて自分も成長できるというすばらしい体験を続けて伝えていきたいと思います。

このようなすばらしい学びの機会をいただき本当にありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】
入社3年目ぐらいになり、テクニカルスキルが一通り出来てくると、余裕が生まれます。
そこで、もっと周りのことや、医院のことを考えられるようになってほしいと院長は思いますが、現実はそんなに甘くありません。

自分のこと、目先のことばかりを考えるようになるのです。
「大変」
「辛い」
「しんどい」
「なんで、自分ばっかり」

こんな思いを抱きやすいのはむしろ、ベテランや新人スタッフではなく、中堅スタッフなのです。ここで、このような自分のことばかり、目先のことばかり考えるスタッフになるのか、そうではないのかは本人の人生も、医院も大きく左右します。

なぜなら、中堅スタッフというのは一番、人数も多く、かつ影響力も大きいからです。いかにチーフクラスが頑張っても中堅クラスが頑張らなければ、新人スタッフも楽なほうに流れやすいのです。

しっかりとした教育なんて面倒でしかありません。
自分には特に、何のメリットもないし、教えることで新人スタッフに嫌われてしまうかもしれません。目の前に、自分の仕事もあるのに。

なので、ほとんどの歯科医院ではテクニカルスキルであったとしても、手が空いてるときに適当に教えているのが現実です。これではなかなか、新人スタッフが定着しません。


それが「歯科医院スーパースタッフ育成塾」に参加して、自分のことだけでなく、周りのこと、新人スタッフのことまで考えられるようになり、自分さえ良ければ良いではなく、医院全体のことまで考えられるようになるのです。


そうすると、小松さんが書かれてるように、「教育の難しさや、楽しさ」を感じられるようになるのです。

一通り、テクニカルスキルが出来るようになったら、次の成長は「人を育てて自分も成長できる」段階にシフトするのです。

しかし、この段階にほとんどの中堅スタッフが移行できないために、成長がストップし、仕事がマンネリ化し、つまらなくなり、モチベーショーンも上がらないのです。

もし、中堅スタッフを仕事のマンネリ化から脱却させ、「医院の中心」を担うスタッフへと成長させたいのであれば「歯科医院スーパースタッフ育成塾」への参加をオススメします。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
福岡県 古賀歯科医院 歯科衛生士 江越 桃香 様

本日は教育カリキュラムのベースを沢山頂いたので、古賀医院でも活用できるように、修正を行い、使っていきたいと思います。

テスト作成やマニュアル(動画)も、作りたいと思えることが多くありました。
少しずつでも、期日を決めて作成していきたいと思っています。

スーパースタッフ育成塾、3回受けさせてもらい院長の大変さや先輩スタッフの大変さが、まだほんの少しではありますが、分かりました。院長の気持ちや考えも理解できるようになりました。

しかし、他のスタッフに、院長を理解してもらうというところは、まだまだ課題です。より良い医院づくりのために、もっともっと、院長を理解してもらえるようなスーパースタッフになりたいと思います。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】
「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の第3回ではマニュアル、教育カリキュラムがテーマになります。ここで、教育カリキュラムのベースとなる資料とデータがもらえるのです。

これだけでも、相当の価値があります。
しかし、院長先生がそれをもらっても、その価値を発揮することは難しいです。

なぜなら、実際に教育カリキュラムを作成し、活用するのは院長ではないからです。

大切なのはその教育カリキュラムの雛形とデータ、資料の価値を最大化できるかどうかは、それを作成し、活用するスタッフが教育カリキュラムの必要性を認識し、大変だとしても、それを作成用と思うかどうかです。

やる気のない人にいくら価値のあるものを提供しても、宝の持ち腐れです。
では、どうやって入社3年目以降の中堅スタッフにやる気を出させたら良いのか?

それが非常に難題なのです。
そして、日本中のほとんどの歯科医院で中堅スタッフはどうなっているのか?

マンネリ化し、自分のことばかり考え、ラクをすることを考えているのです。
言われたことはやるけど、それ以上のことはやりたくない。

そんな状態です。
それが、どうして、こんな風に自分から教育カリキュラムを作ろうと思うのか?

それが「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の魅力なのです。
それを院長が一人でやろうと思ったら、かなり難しいです。


3回参加することで、大いなる成長と価値を医院にもたらすこのセミナー。いつ値上げするか分かりませんので、早めに参加することをオススメします。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

↑このページのトップヘ