皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

保育園落ちた日本死ね!!!

こんなブログが波紋を広げいている。
本当はこんなネガティブなブログ、読みたくないんですが、知っておく必要があるので読みました。

突っ込みどころが満載すぎて飽きれました。
もちろん、保育園に入れなかったことは辛いことですし、残念なことであることは間違いありません。

歯科医院でも、保育園に入れないことで医院を辞めざるを得ない方はたくさんいます。
保育園に入って、働きながら子育てしてもらったほうが、医院としても、個人としても望ましいのです。

そして、国もそれを後押ししている。
1億総活躍として。

しかし、だからといって、自分の希望が通らなかったからといって、「日本死ね!!!」はない。しかも、メディアを見ても、ほとんどがそれに突っ込まない。

日本が死んだら、保育園も何もない。
多くの国が内戦などで崩壊し、世界には5950万人もいるのです。

国が崩壊するということがいかに悲劇的なことなのかということを知らないのでしょうか。
知っているのかもしれません。

それぐらい怒ってるのかもしれません。
しかし、だからといって、ブログという公の場で発言することではないでしょう。
家で怒るのとブログで書くのは違うのです。

このようなブログの内容を子供が読んだら、どう思うのでしょうか?
「税金納めてやってるって言ってるのに」???
税金を納めるのは義務です。

「児童手当が20万円」???
なぜ???

政治家がやってることは確かにおかしい。
だからといって、何でも言って良いのとは違う。

そのような区別なく、何でも思ったことは口に出して良い、何でも言って良いということになる。

そういう発想そのものが子供に対して、いかに大きな悪影響を及ぼしているのか、なぜ、誰も突っ込まないのか?


保育園を増やさなければいけないのは明らかです。
しかし、それがそんな簡単には行かないということも明らかです。

自分の希望が通らなければ、怒りの声を上げる。
そして、それが一理あれば全面的に支持される。

そんなの間違っていると私は思う。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

ef38889d.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

ACUOというガムのCMに「息はほぼ顔」というキャッチフレーズがあります。
これは、歯科医院の中でも、色んな形で活用できると思います。

例えば、
「歯はほぼ顔」
「歯の変色はほぼ顔の変色」
「歯並びはほぼ顔立ち」
などなど・・・


私はセミナーに参加される医院さんのホームページと医院の外観をできるだけ見るようにしています。そうすると、ホームページでもいろんなことが当然、分かります。

しかし、医院の概観を見ると、本当にいろんなことがわかります。
特に、

・テナントの1Fの医院
・土地からの医院


その医院の立地環境
外観
内装の雰囲気

などを見るだけでも、どれだけ先生が患者様から医院がどのように見えるかに気をかけているのかが如実に出るのです。

当然、外から見ただけでは治療レベルは分かりません。
しかし、外から見ただけでも医院の経営レベルは良く分かります。

経営はマーケティングとマネジメントだとよく私は申上げますが、マーケティングの根幹は


まだ、医院に来たことがない人たちに対して、どれだけ医院のよさを情報発信できるか


だと思います。
つまり、医院の外観は正にマーケティングど真ん中なのです。

そのど真ん中のストレートの威力がどれぐらいなのかが概観を見ると分かるのです。
ど真ん中のストレートが150キロだったら、そのピッチャーの力量はかなりあると思われます。


もちろん、医院の外観は簡単に変えることはできません。
だからこそ、そこに情報発信に対する感度が出るのです。

あなたの医院は今、ど真ん中のストレートが何キロ出てますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

院長の重要な仕事とは?


高い治療技術を習得し、素晴らしいを治療すること


ではないですよね?

それはもちろん、大事です。
しかし、それは院長の重要な仕事ではなく、歯科医師として大事な仕事です。

院長の重要な仕事とは・・・


それは「伝えること」です。


院長が考えてること

これからの医院の方向性

それを実現するために、どんな取組をしていくのか?

その具体的なやり方は?

それは何のためにやるのか?

そもそも、私たちは何のために歯科医療を行っているのか?


そういった重要なことを伝えていくことが院長として、医院を1つにまとめていくために、絶対に欠かすことができないはずなのです。

しかし、日本全国の院長先生の中で、このようなことをしっかり伝えている院長先生がどれだけいるでしょうか?

私の感覚的には95%の先生は伝えていない。
しかも、1年に1回も伝えていない。


12月、1月、3月、4月はこのようなことを伝える絶好のチャンスです。
是非、しっかり時間を取って伝える準備を行い、伝えてみてはいかがでしょうか。

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

「経営塾マル秘実践事例公開無料セミナー」である院長先生からこんなことを聞かれました。


どうせDVD会員になっても、あとから正会員が入ってきたら、入れるんでしょ?


なるほどー
確かに、そういう風に考える人もいますよね?

ですが、歯科医院地域一番実践会はそのようなことはいたしません。
DVD会員さんの近く(半径1.5キロ圏内)の医院が後から、正会員としてお申込があったとしても、本当に断ってしまいます。

そんなことをする会社があるのか?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、本当にあるんです。


もちろん、年間30−40件ほどもお断りしてますし、もう何年も経営塾に入会できずに悔しい思いをされてる方もいらっしゃいます。

ですので、社内でも診療圏については何度も議論になります。

しかし、この規定を一度、破りだしたら、すべてが崩れてしまいます。
ですので、相当、厳密にこのルールを適用し続けているのです。


DVD会員の皆様、ご安心ください。
あなたの診療圏は守られています。正会員が優先されることはありません。

早い話、早いもの順なのです。

経営塾ベーシックコース2016の詳細・お申込はこちら!
ベーシックバナー


経営塾に参加して医院がどのように変わったか?

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、私は整体に通っております。
結構な年齢になってきましたので、バスケや筋トレで体を酷使した体の筋肉が固まり、怪我のリスクが高まるからです。

先日、整体の前に薬石といいまして、温泉と同じ?温熱効果のある装置の中にはいり、体を温めることをはじめてやりました。

これをやると体が柔らかくなり、整体の効果が高まるそうなのです。
そこで、本気を出した整体の先生。

マジで痛かったっす!

これは拷問なのか!?
というぐらい痛く、よくある拷問か、映画に出てくる痛み止めの注射なしで弾丸を取り出すシーンのようにタオルをかみ締めていました。

実は、この時まで、バスケの後に膝に痛みがあり、ガックリしてたんです。
こんなに筋トレまでしてるのに、まだ膝が痛くなるのか?と。

しかし、これだけ痛い思いをして、ガッチリやってもらうと、痛みが急激に解消されたのです。本当にこれはうれしかったです。

そして、最後に整体の先生に言われたのが

「岩渕さん、歩き方が良くないですね。ハムストリングがしっかり伸びてないです」

そうなんです。
実は、かかとに痛みがあったため、かかとに負担をかけないように、てれてれ歩く歩き方に変えていたのです。

実は、そこから、膝に痛みが出始めたのです。
やっぱり、自分の思いつき、自己流、なんとなくでやると成果が出るどころか逆効果にさえなりかねないんだということを改めて、実感しました。

そして、悪くなったところも自己流であれば、「これは筋力不足だからいけないんだ」と更に筋トレして、悪化させていたところでした。


やはり、専門家にしっかりと相談できるようにし、専門家にサポートしてもらうことが成果を出して、楽しく健やかに過ごしていく上で欠かせないんだということを改めて、再認識しました。

また、今の問題を解決するためには、時には痛みが伴うことにも耐えなければいけないということも改めて、実感しました。

痛みを避け、快楽を得る

このために人間は行動するものだと思いますが、痛みを避け続けると痛みがよりひどくなる。痛みを受入れるからこそ、痛みを避けられることも多いのですね。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

経営塾はこれまで大阪が会場の都合で定員が144名でした。
しかし、あまりにも早くキャンセル待ちになってしまうので、今年は会場を変更して枠を拡大しました。

2015年は年が明けたら、継続参加と新規の予約で既に正会員は満席となっていたのです。
今年はそれは避けようと決意。

定員を拡大して、新しい医院さんにも参加してもらおうということになったのです。
これまで利用していたクリスタルタワーさんは本当に良くしてくださるので、こちらも決断が辛かったです。

しかし、交通の便もより良く、定員も拡大したいということで、今回の会場変更となりました。

定員168名

24名も枠を増やしたのです。
しかし、それでも現在、開催まで1ヶ月近くもあるのにほぼキャンセル待ちなのです。

本当はもっと増やしたいのです。
しかし、これ以上、枠を増やしてしまうと宿題の取りまとめ、そして、何より実践事例に全て目を通す私が倒れてしまうのではないかという不安があるのです。

大阪会場にまだ、若干の空きがあるかもしれません。
経営塾正会員の申し込みができるのはこの時期だけです。

このチャンスを逃すと、次のチャンスはまた1年後。
あなたはこのチャンスをモノにしますか?それとも、スルーしますか?


経営塾ベーシックコース2016の詳細・お申込はこちら!
ベーシックバナー


経営塾に参加して医院がどのように変わったか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

626f388f.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日、「経営塾マル秘実践事例公開無料セミナー」を開催しました。
このセミナーに、私が親しくさせてもらってる方から、ある院長先生が参加されました。

その先生はうちの歯科医院地域一番実践会のセミナーに参加するのは初めてだったようで、最初は壁がある感じでした。

しかし、セミナー終了後に経営塾のお申込をいただきました。
とても衝撃的だったようなのです。

ですが、残念ながら、既に半径1.5キロ圏内に経営塾メンバーが入会していたために、お断りせざるを得ませんでした。

その先生はうちのセミナーを紹介してくださった方からも「何とかはいれないか?」と連絡をしてくださり、さらには、事務所に電話まで下さり、こうおっしゃいました。


「スゴイ良かったから、何としても入りたい!
 いくら積んでも良いから!」


本当にありがたい提案だったので、1千万円で入会していただくことにしました。


嘘です。
お気持ちだけいただいて、お断りさせていただきました。

このようにおっしゃっていただける会に経営塾が成長してきたことが本当にうれしいです。



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

3dfded82.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

「経営塾マル秘実践事例公開無料セミナー」に参加された院長先生から、よく聞かれることがあります。

それは・・・

「新しく入るスタッフに経営塾に参加してもらうのはどうですか?」

先生、それは難しいと思います。

なぜなら、歯科でのキャリアがあって、意欲満点で入ってきた人だったら良いですが、未経験の人だと、全然仕事もできないのに、いきなり経営のセミナーに参加させられたら、かなり高い確率で辞めちゃいます。

なので、先ずは新人スタッフは「新人スタッフ研修」か「新人スタッフ育成塾」に参加してもらい、そこから少しずつ、時間をかけて経営塾に参加してもらえるようにするのが良いかと思います。

もちろん、先生の「短期間で一気に医院を変えて行きたい!」という強い思いは分かります。
しかし、その強い思いはスタッフからの反発となって返ってきます。

それで、スタッフが辞めてしまっても構わないというのであれば、とめません。しかし、そこまでのリスクを背負えないということであれば、少しずつ、着実に医院を変えていく方がいいかと思います。

既存スタッフの状態にもよりますが、既存スタッフさんがネガティブで、もはや先生との信頼関係も崩壊しているような状態の場合は、彼女たちを変えようとはしないほうが良いです。無理です。そこまできたら、変えようとしても変わりません。

むしろ、新人スタッフのほうが断然、変わりやすいです。
だからこそ、新人スタッフから地域一番実践会のセミナーに参加してもらい、そういうセミナーに参加するのが当たり前なんだという文化を少しずつ、形成していくのです。

信頼関係があまりとれてないような医院の場合、幸か不幸か、スタッフの入れ替わりも早いので、3年もすれば、かなり入れ替わってしまっています。

そうすると3年も経てば、技術系だけでなく、経営系のセミナーも参加するのが当たり前という文化がすっかり定着しますので、医院を良くするための取組もスタッフが抵抗なく、取組んでくれるようになります。

ここまで着たら、新人スタッフにいきなり経営塾に参加してもらっても大丈夫です。
なぜなら、周りは皆、参加しているから。

挫けそうな新人スタッフも医院の他のスタッフがサポートしてくれるからです。


そのような状態を今すぐに築き上げることはできません。
しかし、3年ぐらいの時間をかければ現実的に可能なことなのです。

そして、その第一歩は・・・

既存スタッフが経営塾に一緒に参加してくれるような状態でないのであれば、先ずは院長が一人で参加する。

もしくは、DVD会員になって、みんなでDVDを観る。

ということになるのです。


「歯科医院地域一番実践経営塾ベーシックコース」の詳細・お申込はコチラ! 大阪会場:残席わずか! 東京会場:キャンセル待ち!


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

以前から、私がメルマガなどで紹介してきたカレー屋さんがあります。

そのカレー屋さんは私の家の近くにあり、美味しいんです。
だから、よく利用していました。

しかし、どんどん、行かなくなりました。
なぜか?

それは定員さんの対応がめっちゃ悪いんです。

まず、間違いなくスタッフは大学生のバイト。
いえ、バイトで良いんですよ。

でも、今時珍しいぐらい、お客さんがいるのに自分達のプライベートの話をしてるんです。
夏休みにどこに遊びに行くとか、自分の友達がどうとか・・・

次第にお店から私も足が遠のき、お客さんもまばらになっていきました。

そして、遂に先日、閉店となりました。
残念ではありますが、もはや、「やっぱり!」としか言いようがありません。


自分で撒いた種は自分で刈り取るしかないですね。
いくら美味しいカレーでも、あれではお客さんはつかないです。

いくら治療が上手くても、私語ばかりしているスタッフがいる医院からは患者様は離れていってしまいますね。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

坂本さん
兵庫県 ゆたに歯科クリニック 事務長 坂本 優様

最初はまだまだ入社前でしたので、何が何だかさっぱり分かりませんでした。

ただ、実際の実務にすぐ活用できるという事は分かりました。

回を重ねるにつれ、すぐにでも実践したい事がどんどん増えてきました。

第4回を終わって思うことは、何をやれば良くなるのかが分からない場合は、とりあえず教わった事、そして他医院の実践を真似てみることだと思います。

まずはまねをして、今度は自分なりにアレンジしてみる。これだけでも結果は大きく変わってくると思いました。


経営塾アドバンスコース2016の詳細・お申込はこちら!


経営塾アドバンスコース2016セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

↑このページのトップヘ