皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
M県 S歯科医院 受付 F・N様

今回のセミナーでは、前回、今までのセミナーの復習や反省できる回になったと思います。

自分が今後、後輩に対しどのように指導し、どのように教育していけばいいのかなど、とてもためになる講義でした。

受付としてどのような医院づくりをしたいのか、院長が思う医院づくりの手助けを今の自分ができるのかなど、考えさせられるセミナーになりました。

3回の講義ですごく医院のために何をすべきなのか、具体的に何をしていったらいいのかを学べました。

勤続2年目で受付の仕事をされてる方と、このセミナーを通してお話させてもらい、自分が今、仕事に対して不安なことや、不満に思っていること、自信がないことなど、マイナスな発言もありましたが、その方とお話させていただきました。

誰かに聞いてもらうことで気持ちが晴れ、自信も少しついたと同時に、同じ境遇の方とお話できたことが、いい経験となり、安心しました。

このような機会を与えて下さった、地域一番実践会の方々、そしてこのセミナーに参加させてくださった院長に感謝しています。ありがとうございました!!

----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

入社3年目以降の中堅スタッフがマンネリ化してしまうのはどうしてだと思いますか?

それは刺激がなくなるからです。
毎日、同じ時間に同じ場所に出勤し、同じメンバーで同じような仕事をし続ける。

これを3年もやれば、飽きてくるのは当たり前です。
だんだん、刺激がなくなってきて、自分より頑張ってる人も特にいない。

そうなれば、何を目指して頑張れば良いか分からなくなるのも無理もありません。

しかし、「歯科医院スーパースタッフ育成塾」に参加すると、全国から同じような境遇の中堅スタッフが集まり、自分の成長のため、周りのスタッフのため、医院の成長のために全力で頑張ってる姿を目にするのです。

このような姿はたとえ、あと何年も医院で仕事をし続けたとしても、決して目にすることは出来ないものなのです。

自分より年下のまだ2年目のスタッフが自分よりもしっかりした考えを持って頑張っている。そんな刺激を受けるだけでも、人は変わるのです。

「自分も頑張っていたつもりだけど、もっと頑張ってる人がいるんだ」
「こんな凄い人がいるんだ」

と感じることで「だったら、自分ももっと頑張ろう」と気持ちを新たにし、マンネリ化から脱することができるのです。

あなたはいつまで、中堅スタッフをマンネリ化させ続けますか?


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
O府 T歯科 歯科助手 M・M様

私がこのセミナーに参加する前、院長(経営者)の考えがわかるようになりたいと思っていました。

でも実際、考えを理解しようとする行動を何もしていませんでした。
仕事は与えられた仕事だけをやって、自分の考え方を後輩に押し付けていました。

それが、このセミナーに参加して宿題を毎日やっていくなかで院長やスタッフのみんなとたくさん話しをしたり、院長面談をして、今まで知ろうとしなかった院長の思いを聞くことができて、理解をやっと少しだけすることができました。

気付きもすごく増えました。
毎日の継続が大切だということに初めて実感できました。

自分でもすごく成長したなあと思います。本当にありがとうございました!

----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

院長先生がスタッフの話を聞くことはあっても、院長先生が本当に考えてること、想いをしっかりスタッフに聞いてもらえる場面って、これまで開業してから1度でもありましたか?

実際には、ほとんどないのが現実です。
だからこそ、だれも院長の想いも考えも理解してくれないのです。

この「歯科医院スーパースタッフ育成塾」に参加すると宿題で「院長面談」というのがあります。ここで、院長の想いや考えをスタッフに話す機会があるのです。

もちろん、院長からすれば、嫌なことも言われたりすることもあります。

しかし、どうして院長がイライラするのかや、今まで、「言っても、どうせ分かってくれないだろう」と諦めていたことを伝える機会があるのです。

この宿題を通して、「院長のことを今まで、何にも分かってなかったことに気づいた」と院長への理解を深めるスタッフがとても多いのです。


「歯医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
F県 Y歯科医院 歯科衛生士 Y・Y様

とてもためになる内容でした。

最初は「確かにそのとおりだし正しいことしか言ってないけどキレイ事じゃん・・」と思ってしまう部分もありましたが、たくさんの宿題をこなし、院長とご飯に行って深く話すことでいろいろ考え方が変わってきました。

今までプライベートを充実されるための仕事でしたが、今は自分の成長のため、医院のために勉強・成長できていると思います。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

Y・Yさんが書いてくれてるように、「確かにそのとおりだし正しいことしか言ってないけどキレイ事じゃん」こう思う方もいるかもしれません。

「歯科医院スーパースタッフ育成塾」でお伝えしているのはダイエットのようなものです。

ほとんどの女性スタッフはダイエットしてやっているのは食べないという一番、やってはいけないことです。

ダイエットと同じように、ほとんどの女性スタッフは「仕事をお金のためだけにやる」という一番、やってはいけないことをやっているのです。なぜなら、間違った仕事についての考え方を持っているからです。

ダイエットも間違った考え方を持ち、「今さえよければ良い」「できるだけ楽をして」という考え方によって食べないダイエットによって、どんどん弱い身体になってしまっているのです。しかし、本人はそのことにさえ、気づいていません。間違った考えを持っているから。


正しいダイエットは「筋トレする」「有酸素運動する」「炭水化物を減らす」これで終わりです。

これと同じようなことをスーパースタッフ育成塾では伝えるのです。
そうすると、「正しいことしか言ってないけどキレイ事じゃん」となるのです。

「分かってるけど、できない」
「分かってるけど、やりたくな」
「分かってるけど、面倒くさい」

とやっていなかったことに、正面から取組むのが「歯科医院スパースタッフ育成塾」なのです。しかも、「そうした方が良いよ」で終わるセミナーではありません。

宿題を通して、毎日、ガシガシ筋トレするようなものです。

RIZAPだって、3ヶ月間で成果を出すのと同じように、3ヶ月間、毎日のように「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の課題に取り組み続ければ、そりゃ筋肉がつくのと同じように力がつくのです。

そして、実行力がつき、考え方が高まるのです。
だから、大変だったけど、頑張ってよかったと成長した自分を実感して思うのです。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
O府 医)H歯科医院 助手 A・S様

今回も素晴らしいセミナーを聞かせていただいてありがとうございました。
私自身、新人スタッフへの教育・指導の考え方が大きく変わると思います。

まずはマニュアルを作るために医院に必要であろうマニュアルをリストアップするところから始めようと思います。

最初、このセミナーに参加したときはまだまだ2年目の私が受けるセミナーではないのではないかと思っていました。

しかし、周りの方はすごく熱い方たちばかりでたくさん刺激を受けました。
毎回、大量にでる課題も今振り返ってみれば「やって良かった。頑張ってよかった」と思います。

医院や院長に対する思いとか・・・指導に対する考え方とか180度変わりました!!ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

2年目のスタッフといえば、まだ新人の部類です。

しかし、やる気のあるスタッフであれば、2年目であっても、大きく成長するのがこの「歯科医院スーパースタッフ育成塾」なのです。

あなたの医院の2年目のスタッフはどんなことを考えてますか?

A・Sさんは他の参加者からも刺激を受け続けたことで、大きく成長することができたのです。基本的には3年目以降のスタッフが主な対象となるこのセミナーですが、2年目であっても、やる気があれば大きく成長できます。

A・Sさんだけでなく、去年も多くの2年目のスタッフが参加してくれました。
もしかしたら、仕事がマンネリ化していない2年目の方が成長率も高いのかもしれません。

新人スタッフ育成塾に参加した翌年に参加するセミナーとして考えても良いかもしれません。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日、3日間のセミナーに参加してきました。
実は、このセミナーに参加するのは9回目でした。

「どうして、同じセミナーにそんなに何回も参加するんですか?」とよく聞かれます。

それは「学びがあるから」というのが一番の理由です。

今回も、3日間のセミナーに参加したことで、色んなことを考える時間をとることができました。やはり、日々の仕事をしていると、目の前の第一領域に追われてしまいます。

今だって、ブログを書くという第一領域に追われています。


しかし、セミナーに参加している時間は考えることに集中できます。
というよりも、考えることに集中せざるを得ません。

その時間の中で、セミナーで聞いた話しから刺激を受けて、色んな考えが浮かんだり、「これ、やってみよう!」と浮かんできますし、できることはセミナー時間中に実行してしまいます。

3日間のセミナーだと、同じ話がほとんどです。
もちろん、知ってることはたくさんあります。

しかし、自分がどれだけ実践できているかというと、知ってはいても出来てないことがたくさんあるものです。そして、以前であれば「確かに、そうだけど、できない」と実践できてなかったことを何回も話を聞くことで「これをやってみよう!」と決断することもできるのです。

実際、3日間のセミナーに参加してから実践してることもいくつもあります。
また、セミナーに参加した人たちとの出会いもありました。
参加してる人からの話で刺激を受けて実践してることもあります。

そのうちのひとつは会社の仕組みとして、大きな影響をもたらすかもしれないことまであります。


更に、同じセミナーに参加する目的が別にもうひとつあります。
それは新しいメンバーと一緒に参加し、共通体験、共通言語、共通の価値観を形成するということです。

これを歯科医院でやるのは確かに、厳しいかもしれません。
ですが、スタッフとやるのは難しくても、勤務医の先生と行うことは可能ではないでしょうか?

勤務医の先生と院長先生の価値観、考え方、言語がずれていれば、そのズレは時間の経過と共に拡大して行ってしまいます。

それを防ぐためにも、同じセミナーに参加して意味付けする。
共通体験、共通言語、共通の価値観を形成していく。
非常に大事なことではないでしょうか。

しかし、これをやったからといって、すぐに目先、結果が出るわけではありません。
だからといって、目先の診療技術ばかり教えていても、最終的な結果は望むような結果にならないのではないでしょうか?


勤務医の先生が大事だということはわかってはいるけど、実際には行動としては起こせていない。それが現実ではないでしょうか。

だからこそ、私は歯科医院の院長先生でいえば、丸三日間、診療を休んで新しいメンバーとの共通体験、共通言語、共通の価値観を形成するために同じセミナーに参加し続けているのです。

あなたはどのようなことをこれから、していきますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
A県 J歯科 助手・受付 H・A様

前回の復習のように話してもらえたところもありわかりやすかったです。
今回の宿題ではスライドを作るという事でそろそろ自分のPCを買おうと思います。

いつも家族のものを使っていたので、さらなる医院の成長・自分自身の成長としてマニュアル作り・カリキュラム作りが今からもう楽しみです☆

まずは先生に話を聞き始めていこうと思いました!!
去年の今頃の自分を思い出すと本当にマイナス言葉ばかりのスタッフだったなと思います。

そんな自分だったから失ってしまったスタッフもいたし、その時は気づけなかったけれど、このセミナーに参加してたくさんの事に気づく事ができて本当によかったです。

今まで仕事について何も考えずに働いてきましたが。8月からこのセミナーで勉強させてもらい、仕事にやりがいを感じて、家族ともうまくいて本当に数ヶ月で生活が明るくなったと思います。

今回のセミナーに参加できて本当によかったです。

----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

「何のために仕事をしていますか?」

今まで、千人以上の女性スタッフにこの仕事観を尋ね続けてきました。

残念ながら、「お金のため」「生活のため」としか答えてくれない方が多くいました。
この考え方である限り、仕事にやりがいなんて生まれるはずがありません。

だって、「仕事にやりがいを求めてないから」。

求めないことが得られるはずがないのです。
そんな当たり前のことを誰も教えてくれないのです。

だから、H・Aさんのように「仕事について何も考えずに働いて」るのが当たり前だし、普通の人と同じように「お金のためだけ、生活のためだけ」に働くようになってしまうのです。

本当はやりたく泣けど、仕方なく仕事してるということは人生の大半の時間を嫌々、やらされ感覚で仕事してるということになるのです。

そりゃ、ストレスもたまるし、やりがいもないし、不平不満ばかりがたまっていきます。
そんな状態じゃ、家族とも上手く行かなくて当たり前です。

根本的な考え方が「自分さえ良ければ良い」「今さえよければ良い」ですから。


しかし、この「歯科医院スーパースタッフ育成塾」で学んだことは一生モノです。
一生涯に渡って、失うことがない考え方なのです。

一生涯、切っても切り離すことが出来ない仕事についての正しい考え方を持ち、「自分さえ良ければ良いではなく」「今さえよければ良い」ではなく、将来の自分のために今を投資できるようになり、周りのために行動できるようになったのです。

そのような思考と行動習慣がいかに人生に大きなインパクトをもたらすか。
そのような一生涯に渡る成長の機会を是非、中堅スタッフに与えてあげてはいかがでしょうか。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
G県 医)T歯科クリニック 歯科技工士 I・E様

マニュアル化がすごく大事なことがわかったので「T歯科」には今ない服装、身だしなみのマニュアルを作っていきたいなと思いました。

あと、今日1日あったよかったこと3つを彼と共有したいと思います。

ポジティブ!!今、このセミナーを終えて自分にはこの医院を変えていけるだけの力がついたんじゃないかと思わせてくれました。

私が率先していろいろ動くことで医院が良い方向に進んでいってくれるのであれば頑張って医院のために力を発揮したいと思いました。

やる気がない子にやる気をださせたりとか仕事観を変えることは大変なことです。
でもちょっとでも変わっていってくれるのなら私もがんばりたいと思います。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

ちなみに、このI・Eさんはチーフではありません。
正に中堅スタッフです。

中堅スタッフがこんな風に
「マニュアルを作っていきたい」
「自分にはこの医院を変えていけるだけの力がついたんじゃないか」
「医院が良い方向に進んでいってくれるのであれば頑張って医院のために力を発揮したい」

こんな風に思ってくれ、行動してくれたら、先生はどう思いますか?

自分の目の前の患者さんのことをしっかりやってくれることも大切ですし、嬉しいと思います。しかし、それだけではなく、ここまでのことを考えてくれたら、どれだけ医院がよくなるでしょうか?

そして、このような考えを持ち、行動を自分から起こしてくれるスタッフが一人ではなく、何人もいたら、医院はどれだけ良くなるでしょうか?

何が変わると思いますか?

実は、新人スタッフの定着率が上がります。
次に、ベテランスタッフの定着率が上がります。

新人スタッフに色々と教えてくれて、話を聞いて、良い方向に導いてくれる中堅スタッフがいるのです。そりゃ、定着率上がりますよね。
スタッフルームの雰囲気も良くなってますから、やる気も出ます。

ベテランスタッフも自分たちばかり頑張っていて、つらかったのが自分たちと一緒に医院を浴してくれるスタッフが増えるのです。そりゃ、負担も減るから、頑張り続けられますよね。


それだけじゃありません。
医業収入だって、余裕で上がります。

なぜなら、中堅スタッフの意識と技術が上がりますから、1日に診れる患者数がスタッフ数が変わってなくても増えるんです。

自費に対しての意識も上がりやすいため、自費も増えやすくなります。


さらには、採用だってよくなります。
医院の雰囲気もよくなり、医院のことを考えてくれる中堅スタッフがいることで、見学に来たスタッフへの印象もよくなるのです。


これだけの投資対効果が期待できるのが「歯科医院スーパースタッフ育成塾」なのです。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
M県 医)O歯科医院 歯科助手 T・R様

今日も貴重なお話をありがとうございました。

このセミナーを受ける前は大丈夫かなと不安でいっぱいでしたが、セミナーを受けるごとにもっと自分が医院を変えていかないとダメなんだと思うようになってきました。

このセミナーを受けて、医院のこと・院長のこと・スタッフのこと・チーフさんのことをものすごく考えるようになりました。

このセミナーで学んだことを無駄にすることなく、自分の行動・言動で医院を良くするんだという気持ちで日々仕事に取り組んでいきたいです。

本当にありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

今回は、大き目の医院についてのお話をしたいと思います。

「歯科医院スーパースタッフ育成塾」このセミナーはもしかしたら、スタッフ3名、月間医業収入300万円ぐらいの医院にはあまり必要ないかもしれません。

なぜなら、院長が一人で全部が把握できて、完全なワンマンで経営しても、大きな問題がないからです。「医院の中心となるスタッフ」なんてむしろ、不必要なのかもしれません。

きちんと自分の言うことを聞いてくれるスタッフがいれば、それで良いのかもしれません。
しかし、医院が大きくなってくると、様相は一変します。

スタッフが7名とかを超えてくると、院長一人では目が行き届かなくなるのです。

こちらのO歯科医院さん、実は、日本最大級に大きな歯科医院です。
スタッフ数が何十人もいます。

そんな医院で、指示待ちのスタッフばかりだったら、どうなるでしょうか。
医院は大混乱です。

だからこそ、医院が大きくなればなるほど、「医院の中心となるスタッフ」が数多く必要なのです。チーフだけが指示を出していれば良いというわけにはいかないのです。

そして、そのチーフだって、いつまで医院にいてくれるかは分からないのです。
あなたが自分に依存した医院を作ろうとしているのであれば、「歯科医院スーパースタッフ育成塾」は不要です。

しかし、自分がいなくても回るような歯科医院、安定した歯科医院を作って行きたいと思うのであれば、スタッフへの教育投資として考えてみてはいかがでしょうか。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年からスタートした入社3年目以降の中堅スタッフが3回の実践型セミナー参加を通して「医院の中心」としての自覚と行動が生まれると評判の「歯科医院スーパースタッフ育成塾」。

昨年参加された方の感想文をご紹介します。

----------------------------------------------------------------------
H県 Sデンタルクリニック チーフ F・M様

とても濃い半年間でした。

まだまだ足りていない分部分・成長が必要な部分が自分にはたくさん課題としてありますが、この育成塾に参加させて頂き一番大きく変化を感じているのはマイナスに飲み込まれなくなったことです。

院長のことを理解し、感謝を伝える、自主的に行動を起こすことは今までもある程度意識しているつもりでした。

それでも今までは少しのマイナスな出来事や発言に簡単に飲み込まれ、自分の持っていたプラスの発想の自信をすぐに失くして一緒にマイナス発言をしてしまったり・・・。

今回のセミナーに参加させて頂き、医院での問題がおき、スタッフのマイナスが大きくなった時でも、まず医院・院長・スタッフの気持ちを考え、それから自分自身の気持ちや考えを冷静に考え伝えることを意識できる様になりました。

まだまだ未完成ですが継続し成長していきたいです。
すてきなセミナーを作って頂き、ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------

【岩渕からの補足】

どれだけの入社3年目以降の中堅スタッフが「まず医院・院長・スタッフの気持ちを考え」られているでしょうか。

ほとんどの中堅スタッフは先ず、自分の気持ち、自分の損得ばかりを考えているのではないでしょうか。

普通にしてたら、そうなります。
では、なぜ、F・Mさんはそうならなかったのでしょうか?

普通じゃないことをしたからです。
日々、一生懸命、診療を頑張ってるだけでは、このような考えに到達することはまず、ないと思います。

多少、テクニカルスキルは上がるかもしれませんが、考え方が成長しているわけではないからです。だからこそ、入社3年目以降のスタッフに大切なのは考え方の成長なのです。

考え方が成長すれば、自然とテクニカルスキルも上がるのです。
なぜなら、特にミスをしたり、周りに迷惑をかけているわけでもなく、特に必要があるわけじゃないけど、それが自分の将来や周りのために重要なことだと考えられるようになるからです。

考え方の成長とはつまり、簡単に言ってしまえば、自分さえ良ければ良い、今さえよければ良いという考え方から脱却することなのです。

言葉にしてしまえば、これだけです。
しかし、これを言葉として記憶するのではなく、実際に行動できるようになることが考え方の成長となり、気持ちと行動の変化として現れるのです。


日々、仕事をしていれば色んなことが起きます。
良いこともあれば、嫌なこともあります。

しかし、その度に、感情が上下動していたら、モチベーションなんて高く保つことなんて出来ません。そして、中堅スタッフがそのような状態ではそれに新人スタッフも影響されて医院全体がいつも、不安定になってしまうのです。

しかし、中堅スタッフが「スーパースタッフ育成塾」に参加して、このような成長を遂げるとと、F・Mさんのようにマイナスに影響されなくなるのです。

そして、自分のことではなく、医院のこと、院長のこと、周りのスタッフのことを考えられるようになるのです。その上で、どうしたら良いかを考え、自分の気持ちや考えを伝えられるようになるのです。


あなたの医院の入社3年目以降の中堅スタッフにも、このような成長をして欲しいと思うのであれば、「歯科医院スーパスタッフ育成塾」への参加をオススメします。あまりにも価値が高いので、いつ値上がりするか分かりませんので、お早めにお申込ください。


「歯科医院スーパースタッフ育成塾」の詳細・お申し込みはコチラ



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

7f8b65db.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

かなり暑くなってきましたねー
これから10月ぐらいまで、暑くて生産性が上がらない時期がやってきました。

私、寒いのは好きなんですが、暑いのは苦手なんです。
歯科医院の院長先生でも、そのような方は多いのではないでしょうか。

暑い中、必死で診療して、診療後も経営の取り組みをする。

「こんなに蒸し暑いのに、無理!ビール飲みたい!」

と欲望に負けてしまう方が多いのではないでしょうか。
そんな方に簡単に生産性を上げる意思ではなくモノに頼った改善法をお伝えします。

それは「涼しくする」ということです。

「えっ!?それだけ」と思うかもしれません。
しかし、そんなことはありません。
これだけでも生産性が上がると思いませんか?

だって、むし暑いから、やる気にならないんですから。
では、どうしたら涼しくなるか?

冷房をガンガンにする。
これだと、涼しくなりますが、体全体が冷えてしまい、風邪を引くリスクがあります。

実は、うちの会社があるオフィスビルには窓がありません。
だから、風邪が循環せず、めちゃくちゃ暑くなります。

そこで、私が取組んだのが風を起こすということです。
窓がないのに。

どうしたかというと、サーキュレーターという扇風機のようなものをイスの下に置いて風邪を発生させるのです。サーキュレーターは空気を循環させるのが目的ですので、部屋の空気も循環しますし、自分の身体も冷やしてくれます。

正に、一石二鳥。
しかも、1台3千円もあればネットで購入可能。
私が使っているのは山善のサーキュレーター。アマゾンで2千円で購入しました。


やはり、何事も改善が大切ですね。
「暑い」
これを変えることはできませんし、地球温暖化をすぐに食止めることはできません。

しかし、簡単にできることがあるのであれば、やってみる。
良ければ、続ける。更に改善する。
だめなら、他の方法を考える。

これの繰り返しで、医院経営も、日々の生産性も上がるのではないでしょうか。
これで、暑い夏も歯科医院経営の取り組みがはかどりますね!

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

↑このページのトップヘ