皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日、私のゼミの後輩で、今年の7月に起業した人とお昼をご一緒しました。
私は学習院大学という、保守的+マイナーな大学出身なので、自分で起業する人は珍しく、とっても楽しくお話しできました。

このような、やる気のある、挑戦する人とお話しできるのはとってもうれしいですね。

ただ、お話を聞くと、やはりベンチャー起業は甘くないですね。
特に、彼は大手企業を相手にするようなシステムを中心としたホームページ制作を中心の業務にしているので、そう簡単には仕事が取れないようなのです。

しかも、自分だけでなく、3人で共同経営をしているので、固定費もかかってしまいます。それだけ、コストがかかるということですね。

コストがかかれば、そこに必要な売上も高くなります。
しかし、ベンチャーだと認知度も信用もないので、なかなか受注できない。

そこのハードルを越えられたら、きっと大きな成長が待っていると思います。
そのハードルを越えることは本当に厳しいんだなーとお話をしていて、痛感しました。

それを考えると、歯科医院はまだまだ、ベンチャー起業に比べれば、甘いんだなーと勉強になりました。

是非、彼には頑張ってほしいです!そして、どのようにして最初のハードルを乗り越えたのか、教えてもらえるのを楽しみにしています!

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!