皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、若手のコンサルタントによく伝えてることがあります。

それは・・・

「丸暗記じゃなくて、ちゃんと自分の頭で考えることが大事だ」

ということです。


特に、歯科医院経営のノウハウを実践会にはたくさん、蓄積されています。
マニュアルも200個以上、あります。

しかし、それをそのまんま丸暗記しても、あまり役には立ちません。
そうではなく、自分の頭で考えることが非常に重要なのです。

そして、これはうちのコンサルタントだけでなく、院長先生にも全く同じことが言えるのです。
それは・・・

「経営塾で伝えてるような内容をそのままやろうとする人と、ちゃんと自分の頭で考える人とでは、成果が全然、違う」

ということなのです。


なぜなら、同じ実践内容でも、A医院であれば効果的なものが、B医院では逆効果ということも少なくありません。

どんなに良い取組みでも、その医院のおかれてる状況、レベルに合わせた取り組みをすることが非常に重要なのです。

ということは、1つ1つの取り組みについて、なぜ、その取組みが効果が出るのか?
どうやったらその取り組みを行うことができるのか?
そこで、鍵を握るのはどのようなポイントか?

じゃあ、これはうちの医院で、今やるべきなのか?
そのままできないとしたら、どうアレンジすればできるのか?
それをやることのリスク、メリット、デメリットなどを1つ1つについて、しっかり自分の頭で考えてやる人とそうでない人では、そこから得られる成果だけでなく、他の取り組みについての応用力なども全く違ってくるのです。

きちんと考えて実践すれば1つ1つのことが大きな気づき・学びになりますし、何も考えずにやれば、1つ1つがつながってこず、あまり気づき・学びになりません。


これは数学と同じなのです。
公式を覚える人は数学ができない人。
公式がなぜ、その公式になるのかをしっかり考える人が数学ができる人なのです。

数学の問題は全く同じ問題は出ません。
その1つの公式、問題について、なぜ、そうなるのか?をしっかり必死で考えた人が違う問題を解くことができるのです。

ちょっと考えただけですぐに、答えを見てしまい「そっか、こういう答えだったんだ」と分かった気になる人はいつまでも同じ問題しか解けず、そのような状況はやってこないのです。


あなたは、どちらを選びますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!