岩渕龍正の毎日が歯科医院経営コンサルティング!
-
歯科界のカリスマ、岩渕龍正が毎日の歯科医院経営コンサルティングの中で得たノウハウ、アドバイス、成功法則、感じたこと・気づいたことをお伝えします。また、岩渕龍正の最新情報、プライベート、考え方、スタイル・こだわりも盛り込んだ、わくわく楽しいブログです。

歯科医院地域一番実践会 地域一番化マスター 岩渕龍正

岩渕龍正
-

2017年02月15日

なんで、自分で会社を経営しようと思ったの?

b2ae77c4.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日、バスケ友達から次のように聞かれました。

「なんで、自分で会社を経営しようと思ったの?
だって、大変じゃん?すげー、責任もあるし。会社員だったら、楽なのに」

もちろん、悪い意味ではありません。
彼はとても優秀なビジネスマンなので、会社を自分で起業する人の気持ちに興味があったようなのです。

でも、もし、これがアメリカだったら、どうなのかなと思うのです。
アメリカだったら、きっとそれだけ優秀な人間がいたら、

「どうして、君はベンチャーを起こさないんだ?
なんで、チャレンジしないんだ!?
チャレンジなんて、若いうちにしかできないんだぞ!」

と多分、言われると思います。


私の周りを見ても、親からの継承ではなく、自分でゼロから会社を起業したという人はほとんどいません。(ちなみに、私も親からの継承ではありますが、顧客ゼロで資金マイナスからのスタートだったので、起業とさせていただきます)

バスケにも、自分一人で会社を起業させた人はいません。
でも、アメリカだったら、どうでしょうか?

かなり優秀な人が集まってるので、もっと多くの人が起業しているはずです。
どうして、こんなに起業する人が日本では少ないのでしょうか?

そして、なぜ、それがもっと問題視されないのでしょうか?


前回にも、このブログで書きましたが、それはあまりにも経営者が守られていないからです。
リスクばっかり、大変なことばっかりなのです。日本の法律では。

しかも、報道を見ても、「経営者は悪」「従業員はたとえ悪いことしても全て経営者が悪い」。

そんなバカな!

そんなことばっかり見てくれば、そりゃ、誰も会社なんかやろうと思わないですよ。
しかも、今の法律では大企業を前提としています。


ハイリスクローリターン


誰が、そんな状況でゼロから起業するでしょうか?
もっとローリスクハイリターンに起業を変えていくことができなければ、もっと日本は衰退していくのではないでしょうか?

それにはもっと多くの日本国民の経営者=悪ではなく、経営者に対するリスクペクトと起業に対する称賛が必要なのではないでしょうか。

もし、それがあったとしたら、歯科医院の院長先生だって、もっとスタッフに優しくなれるし、治療のクオリティーも上がるのではないでしょうか。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!


岩渕への直接相談


岩渕龍正の毎日が歯科医院経営コンサルティング! トップページ 歯科医院地域一番実践会
−岩渕龍正の歯科医院地域一番実践会− 経営戦略研究所株式会社 >>お問合せはこちら
〒221- 0056神奈川県横浜市神奈川区金港町6-6 横浜みなと第一生命ビル 2F TEL.045-440-0312 FAX.045-440-0322
Copyright© 2001- Ryusei Iwabuchi All Rights Reserved.