カテゴリ: 歯科医院経営コンサルティング

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日のブログからセルフコントロール力(自制心)の重要性についてお話をしています。

今回は皆さんに、大阪大学社会経済研究所 池田新介教授がTangney,J.P.,Baumeister,R.F.,&Boone,A.L.(2004)を参考に作成した簡単なテストをご紹介します。

以下の質問を1−5の数字で記入し、合計点を出してください。

Q1.誘惑に負けてしまうことがよくある
Q2.悪い習慣を身に付けて苦労していることがある
Q3.怠け者だ
Q4.言わないほうがよいことを言ってしまう
Q5.自分にとって悪いことでも面白ければやってしまう
Q6.衝動的なほうだと周りから思われているようだ
Q7.身の回りが片付いていない
Q8.もっと自己修養ができていたらと思う
Q9.楽しいことや面白いことがあると仕事(勉強)が仕上げられなくなる
Q10.なかなか集中できない
Q11.長期の目標に向かって物事を効率よく進められない
Q12.悪いと分かっていてもやめられない場合がある
Q13.すべての代案を検討せずに行動することがよくある
Q14.人が話すのをよく中断させてしまう

これはお子さんに質問して、親が代わりに点数を記載しても良いようです。

40点以下だとセルフコントロール力が平均より強く、31点以下だと上位20%に入るそうです。


また、ペンシルベニア大学の著名心理学者、ダッグワース教授は様々な学校、企業で調査をした結果、大学を卒業したり、陸軍士官学校を卒業したり、民間企業で高い成果を出す人は事前の調査で予測可能だったというのです。

それはIQ、学歴、記憶力などの認知スキルではなく、非認知スキルだったというのです。
それは・・・

Grit=やり抜く力

だったというのです。

そして、このGrit=やり抜く力を鍛えている場こそが、「歯科医院地域一番実践経営塾」だったのです。

だから、経営塾で歯科医院経営について取り組むことが習慣となり、やり抜く力が磨かれるので、多くの医院さんが地域一番医院へと飛躍していくんだと妙に納得しました。

このGrit=やり抜く力をいかに、子供に育んで行くかは、いかに子供の勉強ができるようになるかよりも大事だということなんですね。

じゃあ、どうすればそれが育つのかということについては現在、研究中だそうです。

ただ、ダッグワース教授によれば、今は結果が出ていなくても、自分の努力次第で結果を変えることができるという「成長思考」が重要だと語っています。

詳細はTEDで是非、ご覧ください。



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、このブログで非認知スキルをいかに高めるかという話をしていますが、それは子供に限った話ではなく、勤務医の先生の教育も同様なのです。

子供の非認知スキルを高める上で大事なのが親の関わり方であるのと同じように、勤務医の先生の非認知スキルを高める上で大事になるのはもちろん、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」ではありますが、それだけでは足りません。

やはり、院長の勤務医の先生への関わり方が重要になるのです。

セミナーに参加させれば後は大丈夫だろうと放置するのは、幼児教室に入れておけば大丈夫だろうと勘違いして、後は放置してしまう親と同じだと思います。

幼児教室に行かせることは素晴らしいことです。
しかし、それだけでなく、そこで何を学んでいるのか親もしっかりと先生から話を聞いて、幼児教室の宿題をやるのを見てあげて、その内容について理解が深まるようにする。

そして、しっかり親子の関わり、絆を深めていくことこそが欠かせないことなのは明らかです。

しかし、なぜか、勤務医の先生に関しては「放置!」という院長先生が多いのは謎です。
自分がそのように育てられたからだと思うのですが、それでは今の勤務医の先生は育たないのです。

治療技術の教育についても、しっかりかかわってあげることが重要ですし、非認知スキルのトレーニングについても、しっかりとスーパーDr育成セミナーの内容を院長先生自身が理解して、一緒に講座で教えられた課題に取り組んでいく。

そして、その中で院長自身の言葉で意味付けをしっかりしていく。
そこまでやっていかないと、勝手には育っていかないものなのです。

「えー、そこまでやるの?」
と思うかもしれませんが、そこまでやらない院長先生の下には勘違いDrしか育ちません。

そして、そこまで関わる院長先生の下でしか、スーパーDrは育たないのです。

そのためには、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」も勤務医の先生だけで参加してもらうのではなく、息子だけに参加してもらうのではなく、一緒に参加することで共通体験、共通の価値観を形成し、今後のあり方教育に生かしていくのが非常に重要なのです。


是非、院長先生も勤務医の先生と一緒に参加されることをオススメします。

スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日のブログで自制心、セルフコントロール力がいかに子供の将来に大きな影響を与えるのかということを書きました。

私はよく、歯科医院の先生方からこのように言われます。

「岩渕さんはストイックだ」
「岩渕さんはスゴイ自制心が高いですよね」

実は、私自身は全くそのように思っていません。
むしろ、自分自身は自制心が高くないと思っています。

確かに、
・お酒を飲まない
・タバコを吸わない
・ギャンブルしない
・女遊びしない
・車に乗らない
・時計をしない
・趣味はバスケ
・週1回はパーソナルトレーニングをしている(3年目)
・週2回は往復2時間かけて娘を幼稚園に送る
・日曜日、仕事がないときはイクメンデー
・最近では小麦粉まで摂らないようにしている

となると、自制心が高いように思われるかもしれません。

しかし、違うんです。
私が多分、他の人と違うとすれば、自分が自制心が弱いということを深く認識していることだと思います。

自分が弱いので、自分の意思に頼らないようにしているのです。

例えば、本当に意志が強い人はどのような人なのか?
これは実在の人物なのですが・・・

・ある大企業に勤めている
・当然、朝は早い
・しかも、出勤前に朝、早起きして45分ぐらい結構なレベルでランニングして、家でシャワーを浴びてから出勤
・仕事が忙しく、帰宅は夜11時前後
・しかも、マラソンの大会などに出るわけでもない

これが本当に意志が強い人です。
私には絶対にできないです。


私は自分の意思に期待せずに、仕組みにしてしまうようにしています。
例えば、筋トレであれば、普通のフィットネスクラブに入会しても、続かないことがこれまでの自分の経験から分かっていたので、パーソナルトレーニングジムに通い続けて3年目です。

小麦粉に関しては小麦粉が多い食べ物(パン、パスタ、ラーメン)を食べると体がすごーく重い感じがして頭の回転が停止してしまうので、なるべく食べないようにしています。

娘との時間に関しては、時間があったらやろうなんていってると、時間がどんどんなくなるので、予め、年間スケジュールとして手帳に書き込んでいます。

このように、自分の意思に頼るのではなく、できるだけ仕組みに落とし込んで、自分をやらざるを得ない状況に追い込むことを私はやるようにしているだけなのです。

なぜなら、そこまでしないと自分がやらないということが分かっているからなのです。

だから、私は自分をやらざるを得ない状況に追い込むことは1つの能力だと考えています。
そこに、いかに時間とお金と労力を投入するか。

確かに、自分の意思でできるのであれば、それが一番、安いのです。
しかし、最終的にそれが一番、割高だったりするのです。
なぜなら、人間の意志は弱いからです。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

ある県でもトップクラスの医院の勤務医の先生は「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に3回も継続参加しています。

実は、その先生だけでなく、他にも「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に継続参加している先生は大勢いるのです。

どうしてだと思いますか?
ほぼ同じ内容を話しているのに。

それは、セミナーでお伝えしているコンテンツの量が多いため、1回では吸収しきれないということも、もちろん、あります。

しかし、それだけではないのです。


勤務1年目はやはり、技術の習得に目が行きがちです
勤務2年目は治療スピードや更に高い技術に目が行きがちです
勤務3年目は患者様への説明、コミュニケーションなどを強化することで満足度をあげるということに目がいきがちです
勤務4年目は自分も自費治療ができるようになりたいという方向に目が行きがちです
勤務5年目はそろそろ、自分の開業に目がいきちです


このように、勤務医の先生はキャリアに応じて自分にとって重要なことがどんどん、変わって行くのです。

そして、この中には1つも医院のことが入っていないのです。
キャリアそれぞれの段階で、常にあり方・考え方、医院に貢献することの重要性、スタッフにかかわることの重要性を伝えていかないと、どうしても頭では分かっていても、後回しになってしまうのです。

知っていることと、やっていることは違います。
やっていることと、できてることもまた、違うのです。


初めて参加して、知る段階
2回目に参加して、やる段階
3回目に参加して、やっとできる段階

へとステップアップしていくのかもしれません。

そして、人間は忘れる動物です。

また、本人がおかれてる状況が変わることで、響く内容が変わるのです。
なので、継続的に参加してもらうのがオススメなのです。


スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、教育の世界では戦前・戦後まで日本が大切してきた非認知スキルが経済的・社会的な成功に大きな影響を与えるということが多くの研究によって明らかにされ、注目されています。

認知スキル=IQ、学力、記憶力、TOEICなどのように数値化できる能力
非認知スキル=気質や性格などの目に見えない力の総称

非認知スキルの代表的なものは
・思いやり
・協調性
・自尊心
・意欲
・社交性
・勤勉性
・自制心
・やり抜く力
等です。

有名な研究では米シカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授ら経済学者や心理学者が非認知スキルと将来の成功の要因との因果関係を、幼児の追跡調査などの結果から明らかにしたものがあります。

マシュマロ実験などからも自制心の高さが将来的な成功に大きくかかわることも明らかになってます。

米デューク大学の心理学者、テリー・モフィット教授らが2010年に発表したニュージーランドの千人の子供を30年間追跡調査した結果では、子供時代にセルフコントロール力(自制心)が強かった人は将来、社会的地位や所得が高くなり、セルフコントロール力が強い人は弱い人よりも、将来の健康度が高いことが分かっています。


子供が生まれると多くの親が子供の教育、幼児教育を考えます。

しかし、それよりも大切だといわれているのはこのような非認知スキルなのです。
そして、その中でも自制心、セルフコントロール力が非常に大事だということが分かっています。

お金を出して、幼児教室に入れることも大事なことかもしれませんが、親が自制心の大切さを子供に伝え、自分が見本となって子供に見せていくことこそが子供の真の成功を願う親としてできる最高のプレゼントなのかもしれませんね。


つまり、親自身が

食べたいものを食べ
吸いたいものを吸い
やりたくないことはやらない
楽しいことだけやる
言いたいことを言う

という生活をしていたら、子供はそれを真似します。

子供は親の言うことは聞きませんが、親の行動は真似します。

だからこそ、再三、登場しているように「日本死ね!!!」とか言ってはいけないのです。

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」にある大規模医療法人の勤務Drが20人以上、参加されました。そして、今年も10人以上が参加されます。

どうしてだと思いますか?

しかも、その法人では治療技術だけでなく、勤務Drのあり方・考え方の教育にも非常に力を注いでいるのです。にもかかわらず、大量の勤務Drが「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に参加するのです。


その理由を理事長先生に質問したところ、こうおっしゃってました。

「勤務医の先生がこのセミナーに参加すると、スゴイ頑張るんですよ。
実際、このセミナーに参加した先生と参加しなかった先生でかなり大きな違いが出ました。

このセミナーに参加した先生はなぜか、毎年、月間医業収入が100万円近く上がるんですよ。
そう考えたら、こんなに安い投資はないですよ。

もちろん、医業収入だけじゃないですけど、本人たちが自主的に頑張るようになるし、自分で目標をしっかり考えて主体的に行動するようになることが大きいですね。

あくまで、その結果として医業収入が上がるんだと思います」


そうなのです。
実際、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に参加することで、勤続年数が長くなり、勤務Drの医業収入が上がる例が続出しています。

そう考えると、いかにこのセミナーに参加してもらうことが医院にとっても、勤務Dr本人にとっても安い投資かがお分かりいただけると思います。


やはり、このような教育投資というのはもちろん、できるだけ早いほうが良いです。
最高のタイミングは歯学部の学生時代に参加することです。
それか、臨床実習時代に参加すること。

とにかく、できるだけ早い段階で参加するのがベストです。

ただ、開業を考え始めてる勤務Drにも相当、刺さります。
そして、開業を考え始めた先生こそ、まだまだ学ぶことがたくさんあることに気づき、開業時期が1年ぐらい延びたりするのです。

もし、そうなったとしたら、その投資対効果はどれだけでしょうか?


スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

現在、日本全国で採用難の嵐が吹き荒れています。
これまで、歯科界では歯科衛生士の採用が厳しいのはしょうがないよねという感じでした。

しかし、昨年辺りから、明らかに歯科助手・受付の採用が難しくなってきました。

医院によってはアシスタントが足りないので、患者さんを入れられないというところまで出てきてしまってます。

じゃあ、どうしたらいいか?
各医院で採用活動を頑張るしかないという話になります。

そこで、痛感することがあります。
それは日本人の劣化が激しいということです。

本当によくあるのが面接の約束をしたのに、何の連絡もなく来ない。
びっくりです。

これから社会で働こうという人が超基礎的な約束である面接に連絡なく来ないのです。
もはや、ビックリ。

しかも、誰も突っ込まない。
もちろん、来ないのは良いのです。
他の会社に内定が決まったのかもしれないし、やる気が起きなかったのかもしれない。

それはしょうがない。
だけど、何の連絡もないって、どういうことでしょうか?

約束は守らないといけないと習わなかったのでしょうか?
そっかー、日本死ね!!!っていうようなお母さんだから、習わなかったのかな?
そうだよね、税金納めてやるって言ってるお母さんだから、「面接に行ってやる」なのかな?


企業と働く人の立場はどちらが上とか下ではなく、私は対等だと思います。
だから、どちらもされて嫌なことは法律とか関係なくしてはいけないと思うのです。

しかし、最近では法律で決められてないことはやらなくていいというのが当たり前化してると思うのです。これは明らかに、親の教育の問題だと思います。


ちょっと、考えてみてほしいのです。
もし、ある会社で働きたい人が約束の面接の日時に会社に行ったら、会社に誰もいなかった。
その人が怒って、何度、連絡しても着信拒否。

どうなりますか?
大問題ですよね?

きっと、「●●株式会社死ね!!!」ってブログかフェイスブックに投稿するんですよね?

じゃあ、会社が面接に何の連絡もなく来なかった人のことをブログやフェイスブックでその会社の社長が「●●さんという人が今日、面接に何の連絡もなく来なかった。死ね!!!」って投稿したら、どうなります?

大問題ですよね?

何で、個人は何でもかんでも、許されて会社は何かをするとすぐ責任を追及されるのか?
もちろん、企業は責任がありますよ。

じゃあ、個人には責任はないのか?
個人にも、何かしらの抑止力が必要なのではないでしょうか?

転職サイトに会社の悪口が書き放題なのであれば、リクナビなどにも、会社がその人の評価をきちんと蓄積できるようなシステムがあってしかるべきではないでしょうか。

面接に来たらプラス1pt
面接に連絡なく来なかったらマイナス30pt
プラス評価が投稿されたらプラス10pt
マイナス評価が投稿されたらマイナス50pt

などのように、口コミの投稿も含めて企業が評価を蓄積できるようにでもしないと法律で規制しない限り、どこまででも他人に迷惑をかける行為が広がっていくのではないかと思われます。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

今後、このブログでも何回かに渡ってお伝えする認知スキルと非認知スキル。

認知スキルとは、歯科医師で言えば、治療技術です。

非認知スキルとは、思いやり、協調性、勤勉性、意欲、信頼、社交性、自尊心、やり抜く力などの数値化できない、目に見えない力をさします。


では、歯科医師に大切なのはどちらでしょうか?

と質問すると、どうでしょう?
院長先生によって、答えが違うかもしれません。

しかし、現実的に、どのスキルアップを医院ではかっているでしょうか?
ほぼ99%の医院で行われているのが認知スキル、つまり、治療技術のUPですよね。

もちろん、治療技術も大事です。
しかし、それと同じぐらい、歯科医師には非認知スキルが大事になるのではないでしょうか。

では、どれだけ医院で非認知スキルを磨いているでしょうか。

ほとんど、何もされてないというのが現実です。
子供の教育においても、就学前、つまり小学校に入る前にいかにこの非認知スキルを高めるかがその後の人生を左右するぐらい重要だということが証明されています。

それと同じように、歯科医師として勤め始めた初期段階でいかに、非認知スキルを磨くかがその後の歯科医師人生の成否に大きく関わってくるのです。

それは多くの勤務医の先生を見て、分かります。
勤務医の先生の技術的な教育だって、院長先生は日々の診療で時間がない中でしっかりやるのが難しいのです。


しかし、その結果、どうなるでしょうか?
歯科医院には立派な勘違いDrがたくさんいます。


「勘違いDr」4つの悲しき勘違い
1.患者が来るのは自分の力と勘違い
2.医院の問題は関係ないと勘違い
3.自分はできると勘違い
4.開業してから頑張ると勘違い

このような非認知スキルを磨かないことで起きる悲劇を減らすにはいかに初期段階で、非認知スキルを磨くトレーニングを受けるかなのです。


スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

保育園落ちた日本死ね!!!

こんなブログが波紋を広げいている。
本当はこんなネガティブなブログ、読みたくないんですが、知っておく必要があるので読みました。

突っ込みどころが満載すぎて飽きれました。
もちろん、保育園に入れなかったことは辛いことですし、残念なことであることは間違いありません。

歯科医院でも、保育園に入れないことで医院を辞めざるを得ない方はたくさんいます。
保育園に入って、働きながら子育てしてもらったほうが、医院としても、個人としても望ましいのです。

そして、国もそれを後押ししている。
1億総活躍として。

しかし、だからといって、自分の希望が通らなかったからといって、「日本死ね!!!」はない。しかも、メディアを見ても、ほとんどがそれに突っ込まない。

日本が死んだら、保育園も何もない。
多くの国が内戦などで崩壊し、世界には5950万人もいるのです。

国が崩壊するということがいかに悲劇的なことなのかということを知らないのでしょうか。
知っているのかもしれません。

それぐらい怒ってるのかもしれません。
しかし、だからといって、ブログという公の場で発言することではないでしょう。
家で怒るのとブログで書くのは違うのです。

このようなブログの内容を子供が読んだら、どう思うのでしょうか?
「税金納めてやってるって言ってるのに」???
税金を納めるのは義務です。

「児童手当が20万円」???
なぜ???

政治家がやってることは確かにおかしい。
だからといって、何でも言って良いのとは違う。

そのような区別なく、何でも思ったことは口に出して良い、何でも言って良いということになる。

そういう発想そのものが子供に対して、いかに大きな悪影響を及ぼしているのか、なぜ、誰も突っ込まないのか?


保育園を増やさなければいけないのは明らかです。
しかし、それがそんな簡単には行かないということも明らかです。

自分の希望が通らなければ、怒りの声を上げる。
そして、それが一理あれば全面的に支持される。

そんなの間違っていると私は思う。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

ef38889d.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

ACUOというガムのCMに「息はほぼ顔」というキャッチフレーズがあります。
これは、歯科医院の中でも、色んな形で活用できると思います。

例えば、
「歯はほぼ顔」
「歯の変色はほぼ顔の変色」
「歯並びはほぼ顔立ち」
などなど・・・


私はセミナーに参加される医院さんのホームページと医院の外観をできるだけ見るようにしています。そうすると、ホームページでもいろんなことが当然、分かります。

しかし、医院の概観を見ると、本当にいろんなことがわかります。
特に、

・テナントの1Fの医院
・土地からの医院


その医院の立地環境
外観
内装の雰囲気

などを見るだけでも、どれだけ先生が患者様から医院がどのように見えるかに気をかけているのかが如実に出るのです。

当然、外から見ただけでは治療レベルは分かりません。
しかし、外から見ただけでも医院の経営レベルは良く分かります。

経営はマーケティングとマネジメントだとよく私は申上げますが、マーケティングの根幹は


まだ、医院に来たことがない人たちに対して、どれだけ医院のよさを情報発信できるか


だと思います。
つまり、医院の外観は正にマーケティングど真ん中なのです。

そのど真ん中のストレートの威力がどれぐらいなのかが概観を見ると分かるのです。
ど真ん中のストレートが150キロだったら、そのピッチャーの力量はかなりあると思われます。


もちろん、医院の外観は簡単に変えることはできません。
だからこそ、そこに情報発信に対する感度が出るのです。

あなたの医院は今、ど真ん中のストレートが何キロ出てますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

↑このページのトップヘ