カテゴリ: 歯科医院経営コンサルティング

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

昨年、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」にある大規模医療法人の勤務Drが20人以上、参加されました。そして、今年も10人以上が参加されます。

どうしてだと思いますか?

しかも、その法人では治療技術だけでなく、勤務Drのあり方・考え方の教育にも非常に力を注いでいるのです。にもかかわらず、大量の勤務Drが「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に参加するのです。


その理由を理事長先生に質問したところ、こうおっしゃってました。

「勤務医の先生がこのセミナーに参加すると、スゴイ頑張るんですよ。
実際、このセミナーに参加した先生と参加しなかった先生でかなり大きな違いが出ました。

このセミナーに参加した先生はなぜか、毎年、月間医業収入が100万円近く上がるんですよ。
そう考えたら、こんなに安い投資はないですよ。

もちろん、医業収入だけじゃないですけど、本人たちが自主的に頑張るようになるし、自分で目標をしっかり考えて主体的に行動するようになることが大きいですね。

あくまで、その結果として医業収入が上がるんだと思います」


そうなのです。
実際、「歯科医院スーパーDr育成セミナー」に参加することで、勤続年数が長くなり、勤務Drの医業収入が上がる例が続出しています。

そう考えると、いかにこのセミナーに参加してもらうことが医院にとっても、勤務Dr本人にとっても安い投資かがお分かりいただけると思います。


やはり、このような教育投資というのはもちろん、できるだけ早いほうが良いです。
最高のタイミングは歯学部の学生時代に参加することです。
それか、臨床実習時代に参加すること。

とにかく、できるだけ早い段階で参加するのがベストです。

ただ、開業を考え始めてる勤務Drにも相当、刺さります。
そして、開業を考え始めた先生こそ、まだまだ学ぶことがたくさんあることに気づき、開業時期が1年ぐらい延びたりするのです。

もし、そうなったとしたら、その投資対効果はどれだけでしょうか?


スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

現在、日本全国で採用難の嵐が吹き荒れています。
これまで、歯科界では歯科衛生士の採用が厳しいのはしょうがないよねという感じでした。

しかし、昨年辺りから、明らかに歯科助手・受付の採用が難しくなってきました。

医院によってはアシスタントが足りないので、患者さんを入れられないというところまで出てきてしまってます。

じゃあ、どうしたらいいか?
各医院で採用活動を頑張るしかないという話になります。

そこで、痛感することがあります。
それは日本人の劣化が激しいということです。

本当によくあるのが面接の約束をしたのに、何の連絡もなく来ない。
びっくりです。

これから社会で働こうという人が超基礎的な約束である面接に連絡なく来ないのです。
もはや、ビックリ。

しかも、誰も突っ込まない。
もちろん、来ないのは良いのです。
他の会社に内定が決まったのかもしれないし、やる気が起きなかったのかもしれない。

それはしょうがない。
だけど、何の連絡もないって、どういうことでしょうか?

約束は守らないといけないと習わなかったのでしょうか?
そっかー、日本死ね!!!っていうようなお母さんだから、習わなかったのかな?
そうだよね、税金納めてやるって言ってるお母さんだから、「面接に行ってやる」なのかな?


企業と働く人の立場はどちらが上とか下ではなく、私は対等だと思います。
だから、どちらもされて嫌なことは法律とか関係なくしてはいけないと思うのです。

しかし、最近では法律で決められてないことはやらなくていいというのが当たり前化してると思うのです。これは明らかに、親の教育の問題だと思います。


ちょっと、考えてみてほしいのです。
もし、ある会社で働きたい人が約束の面接の日時に会社に行ったら、会社に誰もいなかった。
その人が怒って、何度、連絡しても着信拒否。

どうなりますか?
大問題ですよね?

きっと、「●●株式会社死ね!!!」ってブログかフェイスブックに投稿するんですよね?

じゃあ、会社が面接に何の連絡もなく来なかった人のことをブログやフェイスブックでその会社の社長が「●●さんという人が今日、面接に何の連絡もなく来なかった。死ね!!!」って投稿したら、どうなります?

大問題ですよね?

何で、個人は何でもかんでも、許されて会社は何かをするとすぐ責任を追及されるのか?
もちろん、企業は責任がありますよ。

じゃあ、個人には責任はないのか?
個人にも、何かしらの抑止力が必要なのではないでしょうか?

転職サイトに会社の悪口が書き放題なのであれば、リクナビなどにも、会社がその人の評価をきちんと蓄積できるようなシステムがあってしかるべきではないでしょうか。

面接に来たらプラス1pt
面接に連絡なく来なかったらマイナス30pt
プラス評価が投稿されたらプラス10pt
マイナス評価が投稿されたらマイナス50pt

などのように、口コミの投稿も含めて企業が評価を蓄積できるようにでもしないと法律で規制しない限り、どこまででも他人に迷惑をかける行為が広がっていくのではないかと思われます。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

今後、このブログでも何回かに渡ってお伝えする認知スキルと非認知スキル。

認知スキルとは、歯科医師で言えば、治療技術です。

非認知スキルとは、思いやり、協調性、勤勉性、意欲、信頼、社交性、自尊心、やり抜く力などの数値化できない、目に見えない力をさします。


では、歯科医師に大切なのはどちらでしょうか?

と質問すると、どうでしょう?
院長先生によって、答えが違うかもしれません。

しかし、現実的に、どのスキルアップを医院ではかっているでしょうか?
ほぼ99%の医院で行われているのが認知スキル、つまり、治療技術のUPですよね。

もちろん、治療技術も大事です。
しかし、それと同じぐらい、歯科医師には非認知スキルが大事になるのではないでしょうか。

では、どれだけ医院で非認知スキルを磨いているでしょうか。

ほとんど、何もされてないというのが現実です。
子供の教育においても、就学前、つまり小学校に入る前にいかにこの非認知スキルを高めるかがその後の人生を左右するぐらい重要だということが証明されています。

それと同じように、歯科医師として勤め始めた初期段階でいかに、非認知スキルを磨くかがその後の歯科医師人生の成否に大きく関わってくるのです。

それは多くの勤務医の先生を見て、分かります。
勤務医の先生の技術的な教育だって、院長先生は日々の診療で時間がない中でしっかりやるのが難しいのです。


しかし、その結果、どうなるでしょうか?
歯科医院には立派な勘違いDrがたくさんいます。


「勘違いDr」4つの悲しき勘違い
1.患者が来るのは自分の力と勘違い
2.医院の問題は関係ないと勘違い
3.自分はできると勘違い
4.開業してから頑張ると勘違い

このような非認知スキルを磨かないことで起きる悲劇を減らすにはいかに初期段階で、非認知スキルを磨くトレーニングを受けるかなのです。


スーパーDrバナー
【日本で唯一の勤務医へのあり方教育セミナー】累計996名が参加
勤務医にやり方だけ教えると、立派な勘違いDrが完成し、自己中心的になる
あり方を正すと、やる気、練習、技術、医業収入、貢献、勤続年数UPが証明済
お申込は今スグ!


歯科医院スーパーDr育成セミナー概要


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

保育園落ちた日本死ね!!!

こんなブログが波紋を広げいている。
本当はこんなネガティブなブログ、読みたくないんですが、知っておく必要があるので読みました。

突っ込みどころが満載すぎて飽きれました。
もちろん、保育園に入れなかったことは辛いことですし、残念なことであることは間違いありません。

歯科医院でも、保育園に入れないことで医院を辞めざるを得ない方はたくさんいます。
保育園に入って、働きながら子育てしてもらったほうが、医院としても、個人としても望ましいのです。

そして、国もそれを後押ししている。
1億総活躍として。

しかし、だからといって、自分の希望が通らなかったからといって、「日本死ね!!!」はない。しかも、メディアを見ても、ほとんどがそれに突っ込まない。

日本が死んだら、保育園も何もない。
多くの国が内戦などで崩壊し、世界には5950万人もいるのです。

国が崩壊するということがいかに悲劇的なことなのかということを知らないのでしょうか。
知っているのかもしれません。

それぐらい怒ってるのかもしれません。
しかし、だからといって、ブログという公の場で発言することではないでしょう。
家で怒るのとブログで書くのは違うのです。

このようなブログの内容を子供が読んだら、どう思うのでしょうか?
「税金納めてやってるって言ってるのに」???
税金を納めるのは義務です。

「児童手当が20万円」???
なぜ???

政治家がやってることは確かにおかしい。
だからといって、何でも言って良いのとは違う。

そのような区別なく、何でも思ったことは口に出して良い、何でも言って良いということになる。

そういう発想そのものが子供に対して、いかに大きな悪影響を及ぼしているのか、なぜ、誰も突っ込まないのか?


保育園を増やさなければいけないのは明らかです。
しかし、それがそんな簡単には行かないということも明らかです。

自分の希望が通らなければ、怒りの声を上げる。
そして、それが一理あれば全面的に支持される。

そんなの間違っていると私は思う。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

ef38889d.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

ACUOというガムのCMに「息はほぼ顔」というキャッチフレーズがあります。
これは、歯科医院の中でも、色んな形で活用できると思います。

例えば、
「歯はほぼ顔」
「歯の変色はほぼ顔の変色」
「歯並びはほぼ顔立ち」
などなど・・・


私はセミナーに参加される医院さんのホームページと医院の外観をできるだけ見るようにしています。そうすると、ホームページでもいろんなことが当然、分かります。

しかし、医院の概観を見ると、本当にいろんなことがわかります。
特に、

・テナントの1Fの医院
・土地からの医院


その医院の立地環境
外観
内装の雰囲気

などを見るだけでも、どれだけ先生が患者様から医院がどのように見えるかに気をかけているのかが如実に出るのです。

当然、外から見ただけでは治療レベルは分かりません。
しかし、外から見ただけでも医院の経営レベルは良く分かります。

経営はマーケティングとマネジメントだとよく私は申上げますが、マーケティングの根幹は


まだ、医院に来たことがない人たちに対して、どれだけ医院のよさを情報発信できるか


だと思います。
つまり、医院の外観は正にマーケティングど真ん中なのです。

そのど真ん中のストレートの威力がどれぐらいなのかが概観を見ると分かるのです。
ど真ん中のストレートが150キロだったら、そのピッチャーの力量はかなりあると思われます。


もちろん、医院の外観は簡単に変えることはできません。
だからこそ、そこに情報発信に対する感度が出るのです。

あなたの医院は今、ど真ん中のストレートが何キロ出てますか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

院長の重要な仕事とは?


高い治療技術を習得し、素晴らしいを治療すること


ではないですよね?

それはもちろん、大事です。
しかし、それは院長の重要な仕事ではなく、歯科医師として大事な仕事です。

院長の重要な仕事とは・・・


それは「伝えること」です。


院長が考えてること

これからの医院の方向性

それを実現するために、どんな取組をしていくのか?

その具体的なやり方は?

それは何のためにやるのか?

そもそも、私たちは何のために歯科医療を行っているのか?


そういった重要なことを伝えていくことが院長として、医院を1つにまとめていくために、絶対に欠かすことができないはずなのです。

しかし、日本全国の院長先生の中で、このようなことをしっかり伝えている院長先生がどれだけいるでしょうか?

私の感覚的には95%の先生は伝えていない。
しかも、1年に1回も伝えていない。


12月、1月、3月、4月はこのようなことを伝える絶好のチャンスです。
是非、しっかり時間を取って伝える準備を行い、伝えてみてはいかがでしょうか。

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

「経営塾マル秘実践事例公開無料セミナー」である院長先生からこんなことを聞かれました。


どうせDVD会員になっても、あとから正会員が入ってきたら、入れるんでしょ?


なるほどー
確かに、そういう風に考える人もいますよね?

ですが、歯科医院地域一番実践会はそのようなことはいたしません。
DVD会員さんの近く(半径1.5キロ圏内)の医院が後から、正会員としてお申込があったとしても、本当に断ってしまいます。

そんなことをする会社があるのか?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、本当にあるんです。


もちろん、年間30−40件ほどもお断りしてますし、もう何年も経営塾に入会できずに悔しい思いをされてる方もいらっしゃいます。

ですので、社内でも診療圏については何度も議論になります。

しかし、この規定を一度、破りだしたら、すべてが崩れてしまいます。
ですので、相当、厳密にこのルールを適用し続けているのです。


DVD会員の皆様、ご安心ください。
あなたの診療圏は守られています。正会員が優先されることはありません。

早い話、早いもの順なのです。

経営塾ベーシックコース2016の詳細・お申込はこちら!
ベーシックバナー


経営塾に参加して医院がどのように変わったか?

今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

最近、私は整体に通っております。
結構な年齢になってきましたので、バスケや筋トレで体を酷使した体の筋肉が固まり、怪我のリスクが高まるからです。

先日、整体の前に薬石といいまして、温泉と同じ?温熱効果のある装置の中にはいり、体を温めることをはじめてやりました。

これをやると体が柔らかくなり、整体の効果が高まるそうなのです。
そこで、本気を出した整体の先生。

マジで痛かったっす!

これは拷問なのか!?
というぐらい痛く、よくある拷問か、映画に出てくる痛み止めの注射なしで弾丸を取り出すシーンのようにタオルをかみ締めていました。

実は、この時まで、バスケの後に膝に痛みがあり、ガックリしてたんです。
こんなに筋トレまでしてるのに、まだ膝が痛くなるのか?と。

しかし、これだけ痛い思いをして、ガッチリやってもらうと、痛みが急激に解消されたのです。本当にこれはうれしかったです。

そして、最後に整体の先生に言われたのが

「岩渕さん、歩き方が良くないですね。ハムストリングがしっかり伸びてないです」

そうなんです。
実は、かかとに痛みがあったため、かかとに負担をかけないように、てれてれ歩く歩き方に変えていたのです。

実は、そこから、膝に痛みが出始めたのです。
やっぱり、自分の思いつき、自己流、なんとなくでやると成果が出るどころか逆効果にさえなりかねないんだということを改めて、実感しました。

そして、悪くなったところも自己流であれば、「これは筋力不足だからいけないんだ」と更に筋トレして、悪化させていたところでした。


やはり、専門家にしっかりと相談できるようにし、専門家にサポートしてもらうことが成果を出して、楽しく健やかに過ごしていく上で欠かせないんだということを改めて、再認識しました。

また、今の問題を解決するためには、時には痛みが伴うことにも耐えなければいけないということも改めて、実感しました。

痛みを避け、快楽を得る

このために人間は行動するものだと思いますが、痛みを避け続けると痛みがよりひどくなる。痛みを受入れるからこそ、痛みを避けられることも多いのですね。


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

経営塾はこれまで大阪が会場の都合で定員が144名でした。
しかし、あまりにも早くキャンセル待ちになってしまうので、今年は会場を変更して枠を拡大しました。

2015年は年が明けたら、継続参加と新規の予約で既に正会員は満席となっていたのです。
今年はそれは避けようと決意。

定員を拡大して、新しい医院さんにも参加してもらおうということになったのです。
これまで利用していたクリスタルタワーさんは本当に良くしてくださるので、こちらも決断が辛かったです。

しかし、交通の便もより良く、定員も拡大したいということで、今回の会場変更となりました。

定員168名

24名も枠を増やしたのです。
しかし、それでも現在、開催まで1ヶ月近くもあるのにほぼキャンセル待ちなのです。

本当はもっと増やしたいのです。
しかし、これ以上、枠を増やしてしまうと宿題の取りまとめ、そして、何より実践事例に全て目を通す私が倒れてしまうのではないかという不安があるのです。

大阪会場にまだ、若干の空きがあるかもしれません。
経営塾正会員の申し込みができるのはこの時期だけです。

このチャンスを逃すと、次のチャンスはまた1年後。
あなたはこのチャンスをモノにしますか?それとも、スルーしますか?


経営塾ベーシックコース2016の詳細・お申込はこちら!
ベーシックバナー


経営塾に参加して医院がどのように変わったか?


今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

626f388f.jpg
皆さん、こんにちは。地域一番化マスターの岩渕龍正です。今日も、「毎日が歯科医院経営 コンサルティング!」はりきって行きましょう!

先日、「経営塾マル秘実践事例公開無料セミナー」を開催しました。
このセミナーに、私が親しくさせてもらってる方から、ある院長先生が参加されました。

その先生はうちの歯科医院地域一番実践会のセミナーに参加するのは初めてだったようで、最初は壁がある感じでした。

しかし、セミナー終了後に経営塾のお申込をいただきました。
とても衝撃的だったようなのです。

ですが、残念ながら、既に半径1.5キロ圏内に経営塾メンバーが入会していたために、お断りせざるを得ませんでした。

その先生はうちのセミナーを紹介してくださった方からも「何とかはいれないか?」と連絡をしてくださり、さらには、事務所に電話まで下さり、こうおっしゃいました。


「スゴイ良かったから、何としても入りたい!
 いくら積んでも良いから!」


本当にありがたい提案だったので、1千万円で入会していただくことにしました。


嘘です。
お気持ちだけいただいて、お断りさせていただきました。

このようにおっしゃっていただける会に経営塾が成長してきたことが本当にうれしいです。



今日も「気づきと豊かさを与える男日本一」で行きます!お願いします!!

↑このページのトップヘ